2018/02/23発行 ジャピオン955号掲載記事

Pages:      

オペラ愛好家に聞いた

オペラハウスでは、こうやって楽しむ

ニューヨークを代表するオペラカンパニーが、メトロポリタンオペラ(MET)。まずはこのMETの魅力と公演の楽しみ方を、「オペラの楽しみを探ろう!」会代表の伊藤澄子さんに聞いた。

 ミュンヘンで観たヨハン・シュトラウス二世作の「コウモリ」が、本格的なオペラ劇場で初めて観た舞台だったという伊藤さん。「着飾った人たちであふれた劇場はそこだけ異次元の空間。舞台と客席が一緒になって楽しめて、こんなすてきな世界があるんだと思いました」とうっとりした表情で話す。

 以来すっかりオペラの世界にはまって約30年。ニューヨークにいるのにオペラを知らないのはもったいないと、昨年、日本クラブ内で「オペラの楽しみを探ろう!」会を発足。5人のオペラ好きと一緒に、トークイベントを開催している。

外せないMETオペラ

 「ニューヨークに住んでいてMETのオペラハウスに行かないのは損です」と言い切る伊藤さん。一歩足を踏み入れただけでワクワクするという。特に初心者は最初にいい舞台を観ることが大切だと言い、トップクラスのオペラを上演するMETなら外れなしと太鼓判を押す。

 「当日でも、人気のトップスターが出るもの以外は比較的簡単に席が取れます。思い立ったらすぐ観に行けるのは大きなメリット」と大劇場の良さも挙げる。
 
 「ヨーロッパではオペラは社交の場。若いカップルはデートの場に使います。オペラは恋愛物が多いので、おしゃれして途中でシャンパンを飲んで優雅な夜を過ごしたら、ロマンチックな気分になること請け合い。私は夫と一緒が多いですが、一人で没頭して見るのも好きです」と楽しみ方もいろいろ。

 また、演目を選ぶ際には作曲家に注目。「プッチーニは涙を誘うメロドラマ、ベルディは悲劇の恋に政治的要素が絡みます。初心者には分かりやすくて感情移入できる、ベルディの『椿姫』がオススメです」。

 オペラは作曲家の出身国や制作依頼によって、さまざまな言語で作られている。複数の言語で書かれたバージョンが存在する演目もある他、オリジナルと別の言語にアレンジされることもあり、聴き比べると面白い。「イタリア語では感情がストレートにほとばしるように感じたのに、フランス語だとニュアンスや技巧がかかって聴こえて、オペラは深いです」と伊藤さん。
 
能動的に楽しもう

 敷居の高いイメージがあるMETのオペラハウスだが、伊藤さんいわく、「だから楽しいんです。まずは別世界に入る気構えが大事」。職場から直行するならハイヒールに履き替え、アクセサリーを派手めのものに変えて、これから違う世界に行くぞ! という気構えで臨む。男性は、書類バッグを職場に置いて行くべし。

 劇場でも「楽しむぞ」という能動的な心意気が大切と伊藤さんは言う。「インターネットであらすじを読んで予習をしていけば、ずっと楽しめます。早めに劇場に行って、プログラムも読んでおきましょう」。

 またMETオペラハウスは各席ごとに字幕(日本語はなし)が出るが、できるだけ見ないで舞台に集中できれば立派なオペラ通と言えよう。

 歌唱や演出、美術、時にはバレエなどの全ての要素プラス観客も調和した「パーフェクトオペラ」に出合うことはめったにない。伊藤さんも今までに2回しか出合ったことがなく、音楽が止んだ瞬間はあまりの感動に息がつけず、会場中が金縛り状態になったそうだ。「それを求めて、オペラ好きはオペラ劇場に通っているわけです」と、伊藤さんは今日もオペラに思いをはせる。

 

伊藤澄子さん
ニューヨーク在住。「オペラの楽しみを探ろう!」会会長。日本政府国家公務員、インベストメントバンカーを経て、現在は企業の事業戦略コンサルタントとして活動。テノール歌手ヨナフ・カウフマンをこよなく愛し、2016年に書籍「ヨナフ・カウスマン~テナー」を翻訳出版。
北米最大級のカンパニー
METとは
1883年に設立された、ニューヨークを拠点とするオペラカンパニー。リンカーンセンター内にオペラハウスを持ち、座席数は北米最大級の約3800席。舞台装置の豪華さに加え、出演するオペラ歌手が一流ぞろいで、オペラ界に名をはせる。各シーズン(今季は9~5月)で200公演以上を行い、80万人以上の観客を動員。今季の新制作は「トスカ」「コジ・ファン・トゥッテ」「サンドリヨン」など。日程や料金はウェブサイト参照。(www.metopera.org)


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/09/14発行

巻頭特集
今回は、ヘルスケア&クリニックリストに関連して...

   
Back Issue ~8/24/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント