2017/10/13発行 ジャピオン937号掲載記事


Pages:      
ゆっくり見るならココ! 市内の公園
思い立ったらすぐに行ける、マンハッタン、ブルックリン、クイーンズのおすすめの紅葉狩りができる公園を紹介。
紅葉狩り公園の王様
セントラルパーク

 セントラルパークは1858年の開園。フレデリック・ロウ・オルムステッドとカルバート・ブォーが設計した3・41平方キロの「大公園」の紅葉は、10月後半から11月頭が見ごろ。

 「インスタ映え」スポットは山ほどあるが、代表的なコースは、59ストリートと5アベニューの角から入ってすぐの「ザ・ポンド」。池のほとりの遊歩道を散策しながら有名な太鼓橋ギャプストウブリッジを渡ってみよう。水面に映るカシやカエデ。輝くばかりに色付く木々の向こうにミッドタウンの摩天楼。これがまごうことなきニューヨークの秋だ。エラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングのデュエット「オータム・イン・ニューヨーク」が聴こえてくる。

 さらに公園を分け入ると、紅葉のトンネルと化した小道「ザ・モール」。その奥のベセスダ噴水周辺も美しい。映画「恋人たちの予感」に出てきたのはこの辺りではないだろうか?貸しボートをこぐのもいいが、美しいボウブリッジの欄干にもたれてウェストサイドのビル群に目をやれば、秋の時間の過ぎ行くのも忘れる。

 ロマンチックな気分をさらに盛り上げるなら、橋を渡って森の奥深くへ分入ってみよう。「ザ・ランブル」と呼ばれるこのエリアは、まるで箱根か軽井沢の森のような雰囲気。はらはらと散り去る落ち葉を尻目に、そこここに配されたしゃれたベンチに腰掛ければ、自然と「愛の言葉」が口をついて出る(かも)。BGMは、マイルス・デイビスの「枯葉」がおすすめだ。

 秋の森を十分に体感したら、今度はベルベデーレ城の屋上からパークを眺めよう。公園内でもっとも標高の高い場所だけあって360度のパノラマは圧巻。どんな天才芸術家でも描けない赤黄オレンジのグラデーションは、まさに瞬間の芸術。この世に生まれた幸運と今生きている一瞬を愛おしく感じずにはいられない。ジョン・コルトレーンの「セントラルパーク・ウェスト」のソプラノサックスがしっくりくる。

 公園内の至る所に紅葉見スポットがあるので、あなただけの場所を見つけてほしい。

(写真上)太鼓橋がかかる池は絶景スポット、(同下)歩くだけでロマンチックな気分に浸れる「ザ・モール」

感傷にふける紅葉狩り
プロスペクトパーク

 セントラルパークと同じ設計者によるブルックリンの大公園。1867年開園。総面積2・13平方キロ。ニレ、シデ、カシ、シダレヤナギ、ユリノキ、ブラックチェリーなどが一斉に紅葉する。

 見所は、園内南部にある池「レイク」にせり出したペニンシュラあたりからの風景。水と木々が織りなす秋のビジュアルは、造園されたとは思えないくらい自然で、思わず溶け込みたくなる。めい想や省察の気分に浸るには絶好の場所だ。

 公園の中央にある「ラビーン」というエリアには、多少の原生林が残っていて、足を踏み入れると都会にありながら大自然との対話ができるような気になる。

 同公園に隣接するボタニカル・ガーデン(植物園)には日本庭園があって、ここの紅葉も人気がある。鳥居や和風家屋に、築山や池という定番のセットアップが精巧に再現されており、それらを背景に真っ赤に色付く紅葉は、日本人を感涙に誘う。メランコリックな秋に里心のついた人にはうってつけだ。

ゆったりと眺めるなら紅葉が水面に映る「レイク」湖畔がおすすめ


紅葉+サイクリング
カニンガムパーク

 クイーンズのフレッシュメドウズ地区にある1・45平方キロの小規模な公園。1920年~40年代にスポーツ公園として開発され今でも各種競技の試合が行われるが、園内南部にある森の紅葉が素晴らしい。オーク、ヒッコリー、ユリノキ、サイカチなどの色付きのピークは10月後半。

 特筆すべきは公園内を貫くバンダービルト・モーター・パークウェーの紅葉。1908年開通。もともと鉄道王バンダービルトのひ孫ウィリアムが建設した自動車レース専用道だ。その後、全米初の自動車用高速道路となり一部は高架化されていた。40年代に採算が取れずに閉鎖。その一部がカニンガム公園の園内に残っていて、現在はサイクリングの名所となっている。

 「パークウェー」と言うだけあって、道路の両脇が豊かな森で覆われる設計で美しい。紅葉越しに注ぐゆるい秋の日差しの中、落ち葉をかき上げての疾走は爽快そのもの。秋の輪行を計画している人にはおすすめだ。


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント