2017/10/13発行 ジャピオン937号掲載記事

Pages:      

大学キャンパスで紅葉
紅葉は歴史ある大学の校舎とよく似合う。ここでは、紅葉自慢のアイビーリーグ3校を紹介する。

 アイビーキャンパス紅葉狩り、最初の目的地はコネティカット州ニューヘブンにあるイェール大学。創立は1701年。ハーバード、プリンストン(後述)と並ぶ、米国の最高峰名門校の一つで、ビル・クリントン、ブッシュ(父子とも)など、5人の大統領、49人のノーベル賞受賞者、500人以上の国会議員の他、ジョディー・フォスターらトップスターも輩出している。

 スティーブン・スピルバーグ監督の映画「インディアナ・ジョーンズ4/クリスタルスカルの王国」にも登場した格調高いキャンパスの建物は多くが19世紀のネオゴシック様式。新しい校舎も当時のスタイルでデザインが統一されているので、まるでハリー・ポッターの世界に紛れ込んだような錯覚を覚える。そうした建物と赤黄オレンジに色付いた街路樹との対比が美しい。特に、ドワイト講堂(1846年建築)やローレンス講堂(1886年建築)に囲まれた中庭の紅葉は必見だ。
 
ビューティフル紅葉
 
 ペンステーションから電車で1時間半のニュージャージー州プリンストン大学の紅葉も見ものだ。創立1746年。アルベルト・アインシュタインが米国亡命後にこの地で研究を続け、同校で教えることもあった。また41人のノーベル賞受賞者も輩出している。その中の一人、ジョン・ナッシュ(数学)の物語を映画化したのが「ビューティフル・マインド」。同校のキャンパスがふんだんに登場し、特に秋から冬に季節が変化する図書館の場面が忘れがたい。

 大学に直結する専用電車の駅を降りたら、キャンパスを散策してみよう。敷き詰められた落ち葉のじゅうたんに目を奪われる。アイビーリーグ大学建築特有のエントランスを行き交う学生たちと、その向こうに見える紅葉も絵になる。歩き疲れたら目抜き通りナッソーストリートのカフェに立ち寄ってパンプキン・カフェラテでも飲むといい。分厚い専門書と首っ引きでレポートを作成する学生。大声で議論を戦わせる学生たち。二人の世界にどっぷり浸かる学生カップル。誰もが秋色の風景をバックに青春をおう歌している。
 
最も美しい紅葉
 
 ニューヨーク州イサカにあるコーネル大学(1865年創立)も忘れてはならない。総面積9・3平方キロの広大なキャンパスには湖や滝まであり、各誌で「最も美しいキャンパスの一つ」と評価されることもしばしば。映画「恋人たちのパレード」(2011年)では、主人公がこの大学で獣医学を専攻していた(残念ながらこのキャンパスでは撮影していない)。

 創立当初から、生物学、農学、造園学に強く、研究施設として専属の植物園や樹木園を抱えている。特に後者の紅葉の評価がピカイチだ。ちょうどピークに当たる今月21日(土)には、ピーター・デービス名誉教授(植物学)の案内による紅葉ツアー(参加費5ドル)を予定。専門家の説明を受けながらキャンパス内に点在する植物のコレクションを見学した後に、森林のハイキングコースを散策。結構厳しい山道を歩けば山の上から目の覚めるようなパノラマ紅葉が拝めるそうだ。市内からイサカまでは車で片道4時間半の距離。ちょっと離れているが、時間をかけて見にゆく価値は十分にある。

紅葉に囲まれるイエール大学のドワイト講堂は1846年建設

Yale University
New Haven, CT 06520
www.yale.edu

1756年建設のナッソーホール。紅葉が映える絶好の写真スポット

Princeton University
Princeton, NJ 08544
www.princeton.edu

紅葉が名物のキャンパスといえばニューヨーク州イサカにあるコーネル大学が有名

Cornell University
Ithaca, NY 14850
www.cornell.edu


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント