2017/09/08発行 ジャピオン932号掲載記事


Pages:      

Q 高血糖/コレステロールを放置したらどうなりますか?

A 悪玉コレステロールが高い状態、あるいは善玉コレステロールが低い状態を放置すると、心臓あるいは脳血管といった大きな血管を詰まらせる原因となります。日本では近年、心筋梗塞や脳卒中による死亡が増えています。心筋梗塞の最重要原因がコレステロールです。脳梗塞の原因は高血圧(※1)。
 一方で、高血糖が最も影響を及ぼすのは、神経や目、腎臓などに張り巡らされている小さく細い血管(細小血管)です。糖尿病と診断されてから血糖管理を怠ると、約5年で神経、10年で目、その後腎臓の細小血管が詰まると言われます。これらの障害が進行すると、足の切断、失明、腎透析を要する状態を招きます。

Q 日本人は欧米人より糖尿病になりやすいというのは本当ですか?

A 残念ながら本当です。日本人を含むアジア人は、欧米人よりもインスリンを出す力が低いことがその理由(※2)。そのため、食べた糖の余剰分を脂肪として蓄える(太る)ことができず、余分な糖が血液中に流れ出てしまいます。その結果、痩せていても糖尿病の状態に至ってしまうわけです。

 実際、こんな報告があります。肥満度指数のBMI(Body Mass Index)は、通常25以上で肥満と見なされますが、日本人糖尿病患者のそれは平均23.1、欧米人は29.4です(※3)。同じ身長・体重なら、日本人の方が高リスクになるのです。

Q 高血糖/コレステロールの改善に、何ができるでしょうか?

A 糖尿病と診断されたら、すぐに専門医で治療を受けてください。

 予備軍と、健康な人には、自宅でできる安価かつ効果的な健康管理法があります。体重管理です。「一家に一台、体重計!」。糖尿病予備軍が、市販のホーム医療機器で血糖値をモニターすることの、糖尿病への予防効果はまだ証明されていません。それよりも、毎日体重を測ることで、自分を知り、意識して毎日を送ることです。

 朝起きてすぐの排尿後と、夜寝る前の1日2回、パジャマを着て測るのがベスト。夜はその日の飲食分があるので体重が少し重いですが、夜中にそれが代謝され水分として抜けるので、朝は軽いのが分かるはず。朝夜では0.3〜0.5kgは体重差があります。

 私の日本での臨床経験からも実感していることですが、体重管理ができる患者さんは、治療効果がよく現れます。肥満、過体重、適正体重の人を対象に、毎日1回以上体重を測る人、1週間に1回測る人、月に1回以下しか測らない人の2年後の体重を比較したある研究では、「1日1回測ったグループで肥満者に最も大きく減量がみられ、全く計らないグループでは適正体重者に最も大きな体重増加がみられた」という結果が出ています(※4)。

(出典文献)
※1:CircJ.2016;80(6):1386-95.: Lancet. 2004;364(9438):937-52.
※2:Diabetes Care. 2013;36(6):1789
-96.
※3:Lancet. 2003;361(9351):85.
※4:Int J Behav Med. 2012;19(3): 351-8.

 
 
 

お話を聞いた
先生

北本匠先生
Takumi Kitamoto, MD
コロンビア大学メディカルセンターのポスドク研究員。インスリンシグナル、肝臓を軸にした糖尿病の病態解明研究をする。2008年千葉大学医学部卒業、内科一般及び日本の糖尿病・内分泌専門医。長野県佐久総合病院他で研修医、横浜労災病院専修医。千葉大学大学院医学研究院入学、日本学術振興会特別研究員。今年4月から同海外特別研究員として現職。

Columbia University Medical Center
1150 St. Nicholas Ave.
(at 168th St.)

最新機器で管理

Abbott社の「FreeStyle Libre Pro」(写真提供:Abbott)。糖尿病患者用の血糖値測定ホーム機器の最新システム。極小針がついた装置を二の腕に常時装着し、15分おきに自動的に血糖値を測定、クラウドに記録する。研修医時代これを試した北本先生曰く「針の痛みも全くなく、違和感ゼロ。シャワーも運動もできます」。アメリカでは医師の管理のもとに使用し、保険でカバーする。ちなみに日本では9月1日から、「FreeStyle Libre」(指先で採血するタイプ)の保険償還が始まった。(www.myfreestyle.comwww.freestylelibrepro.us)

 

一家に一台体重計。編集部Sがアマゾンで購入(32ドル99セント)。アイフォンのアプリとリンクし、体重計に乗るたびに自動的に結果を記録。毎日の推移がグラフで表示される。体重、体脂肪、体の水分、BMI、骨密度、内臓脂肪、基礎代謝量、筋肉量が一瞬にして表示される。「毎回グラフを見るのが楽しみ」とはSの弁。10ポンド減を目指す。

 

※北本先生作成の体重推移グラフ例


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント