2017/06/23発行 ジャピオン921号掲載記事


Pages:      

公共交通機関で行く!

NY周辺の人気公共コース3選

18ホール(1ラウンド)あるコース場は、ニューヨークにも数多い。今回はその中でも車要らずの便利なコースを紹介。

Van Cortlandt Park Golf Course
115 Van Cortlandt Park S.
Bronx, NY 10471
TEL: 718-543-4595
www.golfnyc.com/vancortlandt_home

 地下鉄1ラインの終点、ブロンクスのバン・コートランドにあり、ニューヨーク周辺の数あるゴルフコースの中でも、ひと際アクセスしやすい好立地。マンハッタンからもさほど離れていないため、ビジネスマンでも会社帰りに駆け込んでラウンドを回ることができる。コース距離も約6002ヤードと手ごろなサイズだ。

 会員登録不要のパブリックコースとしては米国内で最古。その長い歴史の中では、「野球の神様」ことベーブ・ルースやウィリー・メイズなどのメジャーリーガーの他、プロボクサーのジョー・ルイスなどが利用していたこともあり、この逸話がコースをさらに由緒正しきものにしている。

 現在のコースは2008年に改装されたもので、18ホールを回る所要時間は、およそ4時間半から5時間程度。いずれのコースもやや幅が狭く、グリーンが小ぶりだが、一方でトリッキーに隆起した地形はなく、初心者でも打ちやすいと評判。

 また公立公園の中にあるため、コース周辺に子供が遊べるプレーグラウンドや屋外プール、ピクニックスペースが備わっているのも、家族連れのゴルファーには魅力的。夏休みには家族連れ同士で誘い合わせ、コースを回るのもよさそうだ。


Pelham Bay/Split Rock Golf Course
870 Shore Rd.
Bronx, NY 10464
TEL: 718-885-1258
www.pelhamsplitrock.com

 ブロンクスにある、ニューヨーク市内最大の公園、ペルハム・ベイパーク内のゴルフ場。「ペルハム・ベイ」と「スプリット・ロック」の二つのコースから成る、ニューヨーク市内でも数少ない36ホール編成だ。以前は全体的にコンディションの悪さが嘆かれていたが、近年改善し、再び注目を集めている。

 この二つのコースは二人の異なる設計者が携わっており、全く違う性質を持つ、いわば同ゴルフ場の表と裏。6480ヤードの「ペルハム」はなだらかな起伏のグリーンと、開けたフェアウェーを有する初心者向け。つまずくポイントも少ないので安心して回ることができる。

 一方6682ヤードの「スプリット・ロック」は幅が狭く見通しが限られる上、通称「アーメンコーナー」という連続した三つのホールがある。515ヤードのロングホール、220ヤードのショートホール、そして441ヤードのミドルホール、いずれも全て上り坂だ。プレーヤーの飛距離が試される、まさに上級者向けコース。自分のレベルに合わせて二つのコースを使い分けられるのが、同ゴルフ場の人気の理由でもある。

 ウエディングやパーティーの会場としても使われることが多い他、ハロウィンなどの季節イベントも積極的に催している。


Bethpage State Park Golf Course
99 Quaker Meetinghouse Rd.
Farmingdale, NY 11735
TEL: 516-249-0707
www.parks.ny.gov/golf-courses

 経験を積み、ゴルフの技術に磨きがかかったら、ぜひ挑戦してほしいのが、ロングアイランドにあるベスページ。ロングアイランド鉄道を使えば、マンハッタン内から2時間弱で行くことができる。

 州立公園の中にあるパブリックコースで、もちろん会員登録も不要だが、ニューヨークに住むゴルファーで知らない人はおらず、プロゴルファーでさえ一目置く。その理由は、五つあるコースの中でも最高難易度の「ブラック」だ。あのタイガー・ウッズが優勝した2002年度、そして09年度の全米オープンに採用された実績がある。

 特にバンカーの配置が複雑で、その難易度は「腕に自信のあるプレーヤーだけが挑戦するように」という注意看板が立てられるほど。プレーヤーが経験と技術を武器に、いかにうまく切り抜けられるかを試してくる。

 もちろん「ブラック」より難易度の低い「ブルー」や「イエロー」などのコースもあるので、少しずつステップアップするつもりで通おう。

 ちなみに、「ブラック」コースの休日プレー料金は18ホールで150ドルとなかなか高額だが、実はニューヨーク州の住民なら65ドルで利用できる。こちらに住んでいるうちに、ぜひ一度足を運びたい。


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント