2017/06/02発行 ジャピオン918号掲載記事

 

Pages:      

世界の「今」、紹介します

■■■■■■■■■■■国際連合本部

 ミッドタウンイーストにある国際連合本部は、計193カ国の代表が集結する、国際社会の中枢機関。多言語で催行される公式館内ツアーで日本語を担当しているのは、中野舞子さんただ一人だ(2017年5月現在)。ツアーでは、国連の取り組みを分かりやすく解説し、関連する会議場やモニュメントなどを巡っていく。

 「国連の役割には、国際平和と安全保障、人権の啓発、経済・社会の発展の三つがあります」という中野さんの説明から始まるツアーは、知っているようで実は知らない国連の基本情報から、現在世界各国が取り組んでいる深刻な課題まで、さまざまな情報を盛り込んで進行する。

 「世界には国籍を持たない人が何人いるでしょう?」「安全保障理事会の議長の決め方をご存知ですか?」といったクイズを交えた、中野さんのテンポよい解説を聞き漏らすまいと、参加者らは熱心に耳を傾ける。

 「ルートは基本的に英語ツアーと同じですが、日本語ツアーでは話すポイントを独自にアレンジしています。特に、日本人の関心が高い原爆に関する説明には力を入れています」

 絶えず変動する国際情勢を扱う国連だけに、ツアーでの解説内容も日々更新される。「毎朝ガイド間でブリーフィングを行い、世界の最新情報を共有することで、ツアーにタイムリーな情報を取り入れています」と中野さん。

 英語が好きになったことから、自然と国際問題に興味を持ったという中野さんは、普段は英語ツアーも兼任しているそうだ。

 「難解な英語の会議名や決議案は翻訳するのが大変。参加者の皆さんが分かるように、自分の言葉でかみ砕いて説明しています」

 ツアーの最終地点にして最大の見どころは、国連の顔ともいえる総会議場だ。全加盟国の代表が座る巨大な会議場は、高さ約23メートルと圧巻の大きさ。ぜひここで記念撮影をしておきたい。


中野舞子さん
United Nations Headquarters Visitor Center
801 1st Ave.
TEL: 212-963-8687
http://visit.un.org/

 英語ツアーは平日のみ、午前9時から午後4時45分まで催行(日によって異なる)。日本語ツアーは不定期催行のため、事前に問い合わせること(催行しない日もある)。チケットは大人20ドル〜。


▲テレビ中継でもおなじみの総会議場。
全193カ国が集結する、唯一の会議場だ。
中央では、世界地図をモチーフにした国連のロゴマークが輝く


▲ツアーではパネル展示も充実。
写真は国連平和維持軍の解説の様子


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント