2017/05/19発行 ジャピオン916号掲載記事


Pages:      
ニューヨーク近辺の鉄ちゃんスポット

ニューヨーク市内、近郊にある鉄道ファン必見のスポットの数々を紹介する

【ニューヨーク市内】


 市内交通の歴史を網羅


 ニューヨークの地下鉄、バスの他、橋など市内の交通の歴史が分かる、ニューヨーク交通博物館。

 1940年まで利用されていた「CourtSt」駅を改装して、博物館にしている。9月までは、特別展「NextStop: Second AvenueSubway」を開催中。今年アッパーイーストの2アベニューに地下鉄Qラインが開通したのを記念して、構想から現在に至る100年の「2アベニュー地下鉄計画」を地図や写真で紹介している。

 また常設展示では、ニューヨークの地下鉄の歴史を、写真や映像の他、実際に使われた用具や車両などを展示して紹介している。なんといっても目玉は、ビンテージ車両。ジェウィット・カー社が1908年に製造(38年改装)し、69年まで使用されたBMT(TheBrooklyn-ManhattanTransit Corporation)の車両「Qtype(No.1612C)」、BRT(The Brooklyn Rapid Transit Company)がジェウィット・カー社に制作依頼して07年に製造され、69年まで使用された「Brooklyn Union Elevated(No.1407)」の車両、アメリカン・カー&ファウンダリー社が1950年に製造、市内初のエアコン装備車両となった「IRTR-15(No.6239)」など7種の旧車両を見学できる。

New York Transit Museum
Boerum Pl. & Schermerhorn St., Brooklyn, NY 11201


実際に利用していた駅を改装した博物館の館内
(Photo by Black Paw)

常設展示の一つ、1907年製造のBRTの車両
(Photo by Black Paw)


グラセン内で気軽にMTAの歴史


 グランドセントラル駅構内にある、ニューヨーク交通博物館の別館兼、地下鉄関連グッズのストア。地下鉄各ラインのマークが入ったキーホルダーから、Tシャツやおもちゃまで取りそろえているのが魅力。現在、特別展「Deconstruction Of The Third Avenue El: Photographs By Sid Kaplan」を開催中。19世紀後半から市内を運行していた、高架鉄道IRT(インターボロー・ラピッド・トランジット)3アベニューラインが55年に運行を停止、高架の解体される様子を撮影した写真家、シド・カプランさんの作品を展示している。

New York Transit Museum Gallery Annex & Store
87 E 42nd St.



グラセン内にあるので気軽に寄れるニューヨーク交通博物館別館


マンハッタンにある老舗模型店


 マンハッタンの中心にある、ファンの間では知らぬ人はいないといわれる鉄道模型店、レッドカブース(赤い車掌車)。1946年におもちゃ屋として創業、70年に模型専門店となった。店内に所狭しと置かれる模型は、蒸気機関車、電車にとどまらず、飛行機、バスなど幅広い。塗料や工具の他、鉄道や鉄道模型専門誌なども充実している。日曜日定休。

Red Caboose
23 W. 45th St., Bsmt B (bet. 5th & 6th Aves.)
www.theredcaboose.com



老舗鉄道模型店「Red Caboose」の店内

【ニュージャージー】


工業の歴史をさかのぼる

 機関車製造会社、ロジャーズ・ロコモティブ・ワークスの工場を博物館にしたのが、パターソン博物館。18世紀に米国で初めて計画的に作られた工業都市、パターソンの綿工業や機関車製造などの歴史を写真で紹介。コーキー・ロコモーティブ&マシーン・ワークス社の1906年製造の蒸気機関車「モーガル」(車輪配置2-6-0)が常設展示。

Paterson Museum2 Market St., Paterson, NJ 07505
www.patersonnj.gov/department/?structureid=16

蒸気機関車に乗ろう

 1952年に開館、実際にビンテージ車両を走らせることで知られるニュージャージー交通博物館。走行するのはボルドウィン・ロコモーティブ社が50年に製造した蒸気機関車(車輪配置0-4-0)。乗車料金は4ドル。この他にも蒸気機関車(車輪配置0-4-0)をも展示。7月3日(月)までは週末のみ営業。以降は9月1日(金)までは毎日営業する。

New Jersey Museum of Transportation
Allaire State Park内
4265 Atlantic Ave., Wall Township, NJ 07727
www.njmt.org

旧駅舎が博物館

 1872年に作られた駅舎(2002年改装)が博物館になっているメイウッド駅博物館。ニュージャージ・ミッドランド鉄道、ニューヨーク・サスケハナ&ウエスタン鉄道の駅として1966年まで使われた。不定期で一般公開している。

Maywood Station Museum
269 Maywood Ave., Maywood, NJ 07607
www.facebook.com/MaywoodStationMuseum

世界最大級の鉄道ジオラマ

 「世界最大」と銘打つ、鉄道模型のジオラマを設置した博物館、ノースランズ。ジオラマに配置されたレールの全長は約12キロ、地形形成に使われている石こう約90トン。見学には平均で2時間かかるといわれる驚きの規模。ザッカリーノ夫妻が1972年から作りはじめ現在に至る。火曜定休、入場料は13ドル75セント。

Northlandz
495 US-202, Flemington, NJ 08822
www.northlandz.com

【コネチカット】


車両が円形車両庫にずらり

 全米鉄道歴史協会が運営する1995年創業の博物館。1892年建造の可動式の線路橋を備えた円形の車両庫のレプリカを2000年に設置、ディーゼル車12台、蒸気機関車4台を展示している。1960年代に作られた「EMDFL9」形ディーゼル機関車などを常設。

Connecticut Eastern Railroad Museum
55 Bridge St., Willimantic, CT 06226
www.cteastrrmuseum.org


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント