2017/05/12発行 ジャピオン915号掲載記事


Pages:      


 魔法学校の食堂や列車の車内販売、そしてハリーの親友ロンの母親の手作りなど、ハリー・ポッターの物語には、とにかくスイーツがよく登場する。中には日本人にはなじみのないものもあり、遠い英国に思いをはせた人も多いだろう。

 そこで今回は、グリニッジビレッジにある、1991年創業の英国式ティールーム「ティー&シンパシー」で、原作に登場したスイーツを探してみた。同店は、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンが足しげく通っていることでも知られている。

 「英国のスイーツのレシピは、何世紀も超えて伝わる、クラシックなものよ」と教えてくれたのは、オーナーのニッキーさん。「人工甘味料ではなく、本物の砂糖を使うから、一般的なデザートと比べても、すごく甘く感じるわ。ほとんどが温かいのも英国スイーツの特徴ね」。

 1品目に紹介してくれたのは「糖蜜プディング」。砂糖を煮詰めた糖蜜は、英国ではさまざまなデザートに使用されている、英国人にとっては故郷の味。ハリーもヌガーやパイなどの糖蜜スイーツを食べている。このプディングは糖蜜ケーキに温かいカスタードソースがかかっている一品で、糖蜜の濃厚な甘みが口の中でしっとりと広がる。ソースといっしょに、熱いうちにいただこう。

 続いてはロンの母親が焼いていた「ルバーブ・クランブル」。ルバーブはセロリに似た赤色の野菜で、砂糖と煮詰めて苦みを取り、温かいカスタードソースと混ぜ合わせて仕上げる。ルバーブの甘酸っぱさの効いたソースが爽やかなスイーツだ。

 その他にも、英国スイーツで最も伝統があるとされる、ジャムとバタークリームをサンドしたケーキ「ビクトリア・サンドイッチ」や、デーツを練り込んだスポンジにトフィーソースをかけた「スティッキー・トフィー・プディング」など、英国の家庭で食べられている代表的なスイーツは数え切れない。魔法の修行の息抜きに、一口召し上がれ。


英国スイーツに合わせる紅茶は「やっぱりイングリッシュ・ブレックファストよ!」とニッキーさん。可愛らしい食器にも注目だ

糖蜜プディング(左)とルバーブ・クランブル。アツアツのうちに食べるのがミソ

オーナーのニッキーさんはパワフルで茶目っ気たっぷり

Tea&Sympathy
108 Greenwich Ave.
(bet. 12th & 13th Sts.)
TEL: 212-807-8329
www.teaandsympathy.com


 魔法学校指定の教科書の一つに、魔法使いのニュート・スキャマンダーが著者の「幻の動物とその生息地」という本がある(現実世界では、「ハリー・ポッター」シリーズの著者、J・K・ローリングが執筆し刊行している)。このニュートを主人公にしたのが、2016年公開の映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」。この作品は「ハリー・ポッター」と同じ世界だが、舞台は1920年代のニューヨーク。英国では一般人をマグルと呼ぶが、米国では彼らを「ノーマジ」と呼び、魔法使いは交流が禁止されているなど、異なる魔法社会が形成されている。ここでは、同作ゆかりの場所と、それにまつわる米国の魔法社会を紹介する。

■ザ・バンク・ビルディング

The Bank Building
魔法生物ニフラーが出現した、ノーマジの「スティーン銀行」は、旧ニューヨーク郡国立銀行(The New York County National Bank)の建物で撮影された。金の装飾が美しいゴージャスな内装に、「光りもの」が好きなニフラーが反応、ノーマジたちを騒然とさせた。ここからニュートの物語が大きく動く。現在は高級コンドミニアムとなっている。
300 W. 14th St.






■ウールワース・ビル

Woolworth Building
ニフラー騒動を起こしたニュートが連行されたのは、ローワーマンハッタンにあるウールワースビル。この中には、米国の魔法社会を管理する「アメリカ合衆国魔法議会」の本部が、こっそり存在してる設定だ。その証拠(?)にビル入口をよく見ると、フクロウの彫刻がある。同会は1693年に、欧州から移り住んだ魔法使いたちが設立した。
233 Broadway



■124 オールド・
ラビット・クラブ

124 Old Rabbit Club
禁酒法時代のニューヨークで生きる魔法使いたちが集まるスピークイージー(隠れバー)、「ザ・ブラインド・ピッグ」として登場。ノーマジから隠れて生きている魔法使いにとって、同じ立場の人々と酒を酌み交わせるこのバーは、リラックスできる空間だったに違いない。実際の店もブザーを押して中に入るなど、隠れ家の要素が強い。
124 Macdougal St.



Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント