2017/05/12発行 ジャピオン915号掲載記事

 


Pages:      


 マンハッタンのリバーサイドパークで、プラスチックの棒にまたがった状態で駆け回り、フラフープのような輪っかにボールを入れては盛り上がる、シュールな集団を発見。実はこれ、ハリーが選手として活躍する、空飛ぶホウキを使ったスポーツ、クィディッチなのだ。現実では空こそ飛ばないようだが、世界に600以上のチームがあり、米国内ではメジャーリーグ(MLQ)まである人気競技。

 「クィディッチは複数の球技とレスリングの要素が合わさっています」と語るのは、クイディッチ歴6年で、MLQチーム「ニューヨーク・タイタンズ」の創設メンバー、タイラー・クロフォードさん。元ハンドボール選手で、友人に誘われてクィディッチを始めた。「クィディッチの選手はハリポタオタクだと思われがちだけど、原作は1巻しか読んでいない」と苦笑い。

 マグル版クィディッチは、ホウキにまたがる7人(男女混合)が1チーム。ボール(白)をハンドボールの要領で奪い合い、双方のゴールに入れ得点(1ゴール10点)を重ねる。得点できるのは「チェイサー」3人と「キーパー」のみ。そこに二つの要素が加わる。各チームに2人ずつ、相手にボール(色付き)をぶつける「ビーター」がいる。ボールを当てられた選手は、ホウキを降りて、自陣ゴールにタッチしなければ試合に復帰できない。さらに各チーム1人ずつ「シーカー」がいる。彼らは、会場をひたすら逃げ回る「スニッチ(黄色い服を着た人間)」を追い掛け捕獲する役。試合はこのスニッチが捕まった時点で終了(捕獲チームに30得点)。

 タイラーさんは「複数のボールを意識して、次にどこに投げてどう動くか、瞬時に判断することが大切」とコツを語った。

 ところで、足の間に棒を挟んで走ることに違和感はないのか尋ねると、「最初は気になるけど、だんだん何も感じなくなって、あることすら忘れる(笑)」そう。

 6月から始まるリーグ制覇に向け、汗を流すタイラーさん。競技に対する思いはいたって真剣だ。


高くジャンプしながらシュートする様は、まるで本当に空中を飛んでいるかのよう。試合は迫力満点だ

普段は営業職として働くタイラーさんは25歳。大学生も多いチームでは年長にあたる

チームは男女混合で、MLQではLGBTの選手の参加も歓迎されている


 作中の科目「占い学」は、教授のシビルが作中の重大事件を予言するなど、呪文とは別に重要性が強調される学問だ。占い師としてニューヨークで20年活躍するキム・アレンさんは、「占い学」でも登場する、「紅茶葉占い」を得意としている。

 キムさんいわく、紅茶葉占いは「ルーマニアの遊牧民たちが始めたもの」とのこと。茶葉の形から物を連想する遊びが、その後占術の一つとして確立され、魔法使いの文化にも取り入れられた。

 「占う対象者が自分で紅茶を飲み、残った茶葉の形を占い師が読み解く。占い師ではなく、飲んだ人の『エネルギー』がそのまま反映されるのが、紅茶葉占いの面白いところよ」

 百聞は一見にしかず、ということで、編集Mが実際に占ってもらうことに。まず、数種類のフレーバーから選んだカモミールの茶葉をカップに入れてお湯を注ぐ。次に今日一日の行く末を思い浮かべながら、スプーンで静かにかき混ぜる。ゆっくり飲み、茶葉だけが残ったカップの上に両手をかざして願いを込める。ここでキムさんがカップを受け取り、「過去、現在、未来」と唱えながら、カップを時計回りに3回まわし、さらに皿の上にひっくり返して、カップの底を3回たたく。

 そうしてカップに残った茶葉の模様を見て、キムさんは、「見て、美しいでしょ」と言い、解説を始める。「カップの底は過去を表し、上に行くほど先の未来になる」そうで、早速「カップの上部に茶葉のかたまりが四つあるわね」と指摘する。

 「数字の4が意味するのは『ホーム』。近い将来、自宅をニューヨークの外に移すかもしれない」とキムさん。予期せぬ結果にMも動揺を隠せない。 

 その他にも、「アルファベットのBとMが見える。名前がBかMから始まる男性と運命の出会いがあるかも」、「胃腸の形ね。消化器官が弱ってる?」と、キムさんは茶葉を次々と「読んで」いく。Mもいくつか心当たりがある様子。素朴ながらあなどれない占いだ。


模様の見え方は人それぞれ違う。「勉強すれば、自分でも占えるようになりますよ」とキムさんは語る

茶葉は好きなフレーバーを、だいたいティースプーン1杯分使う

カップの中は銀河のよう。中央上に「ホーム」を示す四つの点が!

Astrologer Kim Allen
www.kimallen.com
パーティーなどでの出張鑑定の他、スカイプでの鑑定も行っている。


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
バッグス・バニーやトムとジェリー、そしてディズ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント