2017/03/10発行 ジャピオン906号掲載記事


Pages:      

バターナットスクワッシュ

 米北東部原産のウリ科のバターナットスクワッシュは、ユニークなヒョウタンの形で市場でひときわ目を引きます。オーストラリアなどではバターナットパンプキンと呼ばれるように、味と食感はカボチャに似ています。厳密には果物に分類されます。

バターナットスクワッシュのディップソース
【材料】
バターナットスクワッシュ(900g)、ヨーグルト、マヨネーズ(各170g)、ベーコン(175g)、玉ネギ(150g)、エビ、バルサミコ酢、オリーブ油

【作り方】
❶スクワッシュを2cm幅に輪切りし、ゆでて軟らかくなったら上げ、皮をむき、つぶす
❷ボールに①とヨーグルトとマヨネーズ、塩小さじ2杯、コショウ少々を加える
❸細切りベーコンと千切り玉ネギを炒め、油を切り②と混ぜディップを作る
❹ディップとゆでたエビをクラッカーにのせ、パセリ、ドレッシング(バルサミコ酢、オリーブ油、しょうゆを同量混ぜる)をたらす


リーク

 地中海沿岸が原産のヒガンバナ科ネギ属のリーク(西洋ネギ)は、日本のネギに比べ、ネギ独特の香りが薄いのが特徴です。日本でも栽培されていますが、希少なので高価です。含まれる硫化アリルという成分は疲労回復の効果もあるようです。

リークとチキンのグラタン
【材料】
リーク(1本)、鶏むね肉(70g)、パルメザンチーズ、モッツァレラチーズ、しょうゆ、日本酒(各20cc)、パン粉、パセリ

【作り方】
❶一口大にしたリークの白い部分を柔らかくなるまでゆで、ザルに上げる
❷一口大にそぎ切りした鶏肉をタレ(しょうゆと日本酒)に絡める
❸ココットにリーク、鶏肉、リークの順で入れコショウを振り、上からチーズ、パン粉をのせ、カ氏500度のオーブンで7~8分焼く
❹パセリのみじん切りをのせ出来上がり


ブロッコリーラーブ

 細長い茎の先に、小さなブロッコリーのようなつぼみが付いていて、菜の花のような見た目のブロッコリーラーブ。アブラナ科の野菜で、ビタミンAとC、カリウム、カルシウム、鉄分が豊富です。

ブロッコリーラーブと豚シャブのサラダ仕立て
【材料】
ブロッコリーラーブ(1束)、豚肉スライス(150g)、みりん、日本酒(各30ml)、濃口しょうゆ、穀物酢、練りごま(各120ml)、レモン汁、わさび(各30ml)、砂糖(10ml)

【作り方】
❶みりん、日本酒を火にかけアルコールを飛ばす
❷①にしょうゆ、穀物酢、レモン汁、練りごま、わさび、砂糖を入れる
❸塩を一つまみ加えた熱湯で、適度な大きさに切ったブロッコリーラーブを柔らかくなるまでゆで、ざるに上げる
❹豚肉はセ氏70~75度の湯でしゃぶしゃぶに
❺③と④を盛り付け、プチトマトを添える


パースニップ

 白いニンジンのような見た目のパースニップは、ヨーロッパ原産のセリ科の根菜。見た目同様、味や食感はニンジンに似ていますが、少し淡白な味わいです。葉や茎は食べるのを避けてください。

パースニップの冷たいスープ
【材料】
パースニップ(350g)、玉ネギ(150g)、セロリ(100g)、ニンニク(1片)、野菜ブイヨン(1個)、ベイリーフ(1枚)、生クリーム、オリーブ油

【作り方】
❶パースニップ、玉ネギ、セロリ、ニンニクを細かく刻み、オリーブ油を引いた鍋で炒める
❷しんなりしたら水(4カップ)とベイリーフ、野菜ブイヨンを入れ中火で30分煮込む。野菜をフードプロセッサーにかけ、ざるでこし、鍋に戻す
❸生クリームを入れ、塩、コショウで味を調え、冷ましたら出来上がり

NYC
ファーマーズマーケット事情
 採れたて、作りたての農産物や加工品が並ぶファーマーズマーケットは、年間通じて開催されるもの、季節限定で開催されるものを合わせるとニューヨーク市内だけでも150近くある。

 1年通じて開催されるマーケットでは、GrowNYCが主催する「グリーンマーケット」がある。同団体は、ニューヨーク市の継続可能な環境作りを目標にし、リサイクルや環境改善に関する教育・活動を行なっていて、マーケット開催もその一環。グリーンマーケットの中で規模が一番大きく、レストランなどとの取引が多いため、品ぞろえが豊富なのがユニオンスクエアのマーケット。この他にも同団体が年間通じて市内で開催しているマーケットは20以上ある。

 この他にも地域のニーズに合わせた品ぞろえのマーケットも開かれている。ブルックリン区パークスロープではダウン・トゥー・アースが主催するファーマーズマーケット(4th St.@5thAve.)が毎週日曜日(5月からは毎週水曜日)に開かれている。ここは野菜、果物も販売されているが、住宅地のど真ん中で開催されるため、サラミなどの乾物、ピクルスなどの加工品の品ぞろえが豊富なのが特徴。

 4月から5月にかけては、これ以外にも多くのファーマーズマーケットが再開する。変わりだねは、ビルの屋上を畑に変えたルーフトップ農園が主催するマーケット。その一つ、ブルックリンとクイーンズに屋上農園を展開する「ブルックリングランジ」は、5月から10月まで、屋上農園の作物を販売する。

 自宅の近くのマーケットだけでなく、別の地域のマーケットを訪れ、違いを見つけるのも、ファーマーズマーケット巡りの楽しみ方の一つだ。

・ GrowNYC
www.grownyc.org
・ Down to Earth
www.downtoearthmarkets.com/markets
・ Brooklyn Grange
www.brooklyngrangefarm.com


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント