2017/02/03発行 ジャピオン901号掲載記事


Pages:      
ニューヨークの
 専門家に聞く  最新不動産事情

コーコラングループの不動産スペシャリスト、松本哲夫さんに、今のニューヨーク市の不動産市場について話を聞いた。

現在のニューヨークの不動産市場の状況は?

 数年前までは完全な売り手市場でしたが、今はどちらでもなく、いろいろな物件がモザイクのように存在する、いわば調整期です。中古物件の価格交渉の他、破格の高値がついた新築物件の購入条件には要注意。今の市場では、適正な価格と条件で買う交渉のコツが必要です。

 そのためには、市場を細かく見ながら、有利に交渉を進められる、経験豊富なエージェントを探すことが必須です。

トランプ政権下で不動産市場はどう変わる?

 不動産市場の今後を予測することは難しいのですが、トランプ氏は不動産王としてキャリアを築き、子供たちに託した自身の会社がまずくなるような政策は取らない、という見解をよく耳にします。そのためか業界紙などの論調も楽観的なようです。

 しかし彼の他の政策により世界経済が悪化すれば、ニューヨーク市の不動産市場も当然その影響を受けます。

 ただ、ニューヨークの不動産は世界で最も安定した市場の一つです。限られた面積のための希少価値もあるでしょう。世界中から買い手が集まる国際市場ではブルックリンもすでに国際的ブランド価値のある市場になっています。物件購入では、政権に関わらず、マーケットを長期的に捉えることが大切です。

家を買うメリットは?

 収入の3割以上を家賃に充てている人も多いと思いますが、家賃の支払いを購入した物件の支払いに充てることで、自分自身の資産形成におけるメリットが生まれます。

 また競争が激しく、ストレスがたまりがちなニューヨークでの生活では、マイホームを持つことが安心感と安定した基盤の形成につながります。

どうにか頭金を工面して物件を購入し、支払いを家賃から住宅ローンに代えることが、ニューヨークでの生活ではカギとなります。

コンドミニアムとコープ、どちらかおすすめ?

 購入者の状況や予算、購入目的などによるので、単純にどちらがいいということは言えません。建物自体のアメニティーや新築物件の多さはコンドミニアムが、価格や物件総数などを考えればコープが有利です。

 コープは購入後に売却しづらいという情報も出回っていますが、そんなことはありません。逆に貸し出しのハードルが非常に高いコンドも多くありますので、注意が必要です。

 まずは自分自身にとってベストな選択肢を、エージェントとじっくりと話し合いながら確認することが大切です。

1BRの購入金額の相場は?

 物件の価格というのは、数多くの要素により決まります。エリアと立地条件、建物のアメニティーの充実度、建物自体の人気、室内のレイアウトやコンディションなど、要素により相場は大きく異なります。

 エリアで例えるなら、マンハッタンのコンドの1スクエアフィートあたりの価格は、1000ドル以下の物件から5000ドルを超えるものまで幅広くあります。

 一方、ブルックリンやクイーンズは全体的に価格が上がったとはいえ、1スクエアフィートあたり1000ドル以下の物件も数多くありますし、3000ドルを超える物件は今のところありません。

 エリアに対する先入観にとらわれず、じっくり探すことで、自分に合った物件が見つかるはずです。


松本哲夫さん
ニューヨーク州公認不動産エージェント。マンハッタン・ブルックリン・クイーンズで年間20件以上の不動産の売却と購入を手掛ける。


TEL: 914-374-7195
ted.matsumoto@corcoran.com
www.nycfudosan.com
注目エリア
New York

物件探しで気になるのは、自分の生活範囲となるエリアの特徴。今回は、メディアや専門家の話など、さまざまな情報を集めて、これから注目されそうなエリアをジャピオンが選んでみた。

マンハッタン区モーニングサイドハイツ
イーストビレッジやトライベッカなど、近年ローワーサイドが若者に人気のマンハッタン。今後はアッパーサイドで、さらに開発が進むといわれている。アッパーイースト/ウェストサイドはニューヨーカーの永遠の憧れだが、今注目したいのは、コロンビア大学より北に広がる、モーニングサイドハイツ。短大や音楽学校などが多く集まるアカデミックなエリアで、学生や教師、子供のいる若いカップルも多く住む。
ブルックリン区サンセットパーク
ブルックリン区はデザイナーズコンドが立ち並ぶウィリアムズバーグなど、世界有数の高級住宅地がある一方、これから発展するであろうといわれている、今が買い時のエリアも多い。例えばサンセットパーク。ビル・デブラシオ市長が計画している、クイーンズ区アストリアからブルックリン区レッドフックまでの路面電車「ブルックリン・クイーンズ・コネクター」の終着点となるエリアだ。交通網が整備されることで、人気が上昇する予感!
クイーンズ区レゴパーク/フォレストヒルズ
クイーンズ区でアストリアやロング・アイランド・シティーの価格に手が届かないという人は、レゴパークとフォレストヒルズに注目したい。フォレストヒルズは、昔から高水準の教育が受けられると定評があり、「スパイダーマン」の主人公・ピーターも通う名門、フォレストヒルズ高校がある。1950年代から住宅街として整備が進み、日本人も多く住む。近隣接するレゴパークも大型ショッピングモールがあり、便利な生活環境が整っている。


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント