2017/01/13発行 ジャピオン898号掲載記事


Pages:      
みんなのラッキーアイテム、見せて!

①名前 ②使用年数 ③入手方法 ④込められた願い ⑤効果の実感
ニューヨーク在住の日本人に、日常的に持ち歩いているラッキーアイテムを見せてもらった。

ダイヤのネックレス

①Nさん ②5年 ③母から④邪気を払う ⑤安全に暮らしている
水晶ブレスレット

①Oさん ②3年 ③母から④無病息災 ⑤おかげさまで無事に過ごしている
カエル、打ち出の小づち

①Mさん ②10年 ③日光東照宮 ④金に困らず息災⑤家計は火の車だが息災
金の指輪

①Tさん ②10年 ③一族に代々伝わる品 ④良縁を結ぶ⑤いい出会いに恵まれている
5円玉のお守り

①Iさん ②6年 ③神社 ④よいご縁(5円)がある ⑤まだ実感なし
フォーチューンクッキーの紙

①Kさん ②2~3年 ③チャイナタウン ④無駄遣いをなくす ⑤まだ効果なし
クローバーの財布

①Sさん ②3年 ③マンハッタン ④金運アップ ⑤なんとなく効果を実感
レゴのダースベイダー

①Tさん ②1年 ③レゴストア ④フォースが強まる ⑤フォースが強まった気がする

意外と知らない 日本の開運グッズの使い方

・・・・・・・・・お守り・・・・・・・・・
 木や紙、金属に願いをこめ、錦の布でくるんだもの。神様は人間が触れた箇所を「汚い」と嫌うため、お守りの中身は取り出してはいけないとされる。1年ほど身に付けた後は、きれいな紙に包み、手に入れた神社または寺に返納する。故人のものや、持ち主・入手元が分からないお守りは、神社のものなら身近な神社、寺なら身近な寺に返納する。返納できない時は、他人に託すか、返納できるまで大切に保管しておく。

・・・・・・破魔矢(はまや)・・・・・・
 邪気を射ってはらうとされる、正月飾り。男児の成長を願う子供の日にも飾られる。対象は人や動物ではなく気なので、矢の先端は尖っていない。悪魔を射るための破魔弓(はまゆみ)もあり、本来は破魔矢とセットで飾るが、簡略して矢のみを飾る家も多い。家の中に飾る時は、見下ろさないように家で最も高い位置に置き、1年たったら、手に入れた神社または寺に返納する。

・・・・・・・・・羽子板・・・・・・・・・
 女児の無病息災を願ったもの。羽のついた黒い玉は無患子(むくろじ)という木の実で、飾っておくと読んで字のごとく「子供が病を患わない」とされる。また、玉の羽根がトンボを連想させることから、疫病などを運ぶ蚊に打ち勝つように、という願いもこもっているのだとか。節句人形の一つであり、ひな人形と同じ扱いだが、しまう時期が遅れると婚期を逃すといわれるひな人形とは異なり、縁起物の羽子板は通年飾っていても問題ない。

・・・・・・・・・・絵馬・・・・・・・・・・
 願いを書き、神社・寺の境内につるして奉納する。元々、神様は馬に乗っていたとされ、古来日本では祭事で馬を献上する風習があった。しかし本物の馬を用意できない一般市民が、木や紙で出来た馬を奉納するようになり、やがて現在の絵馬の形に落ち着いたとされている。五角形なのは、かつて上部に屋根を付けていた名残。

・・・・・・・・・神札(札)・・・・・・・・・
 普段利用している神社や寺が配る札を飾り、神様の加護を受ける。紙の札は、中にもう一つ札を封印しているものがあるが、こちらは開封厳禁。清潔で明るく、家族が集まる空間の、なるべく高い場所に飾るとよい。こちらもお守りと同様、1年ほどまつった後、神社・寺に返納する。


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント