2016/11/18発行 ジャピオン891号掲載記事


Pages:      
編集部厳選!
自慢したくなるNYお土産

ご当地限定品からユニークなグッズまで、日本では手に入らないお土産を紹介。
取材協力:ニューヨークおみやげガイド

ニューヨーク気分を演出する小物雑貨たち
Ralph’s Coffee
Mug

レトロなデザインには、5アベニュー限定を示す文字入り。オリジナルブレンドのコーヒー豆(写真奥)も販売中
(Ralph’s Coffee、20ドル)
Empire State
Building Short
Sleeve T-Shirt

5アベュー店限定のTシャツは、柔らかな素材で抜群の着心地。他にもイエローキャブをあしらったデザインなどがある
(MUJI、18ドル)
Tote Bag: Color This Tote
メトロカードにクライスラービルなど、ニューヨークの日常生活で定番のもののイラストが散りばめられたトートバッグ
(Strand Book Store、18ドル95セント)
Secret New
York

ニューヨークで目にする景色やアイテムに、色を塗って楽しもう。ペンの筆致が味わい深く、絵柄が細かい大人向け
(Exit 9 Gift Em- porium、15ドル99セント)
 米国生まれのファッションブランド、ラルフ・ローレンの5アベニューにある旗艦店で手に入る注目のお土産は、同店限定のカフェ「ラルフズ・コーヒー」のオリジナルマグカップ(①)。同店と、フィラデルフィア発のル・コロンべ・コーヒー社がコラボし、プロデュースしたコーヒーを楽しめる他、オリジナルブレンドのコーヒー豆も購入できる。

 限定といえば、日本発の生活雑貨店、無印良品の5アベニューにある米国5号店、通称「フィフス・オン・フィフス」の限定Tシャツ(②)も人気だ。同店の限定トートバッグも種類豊富でお手頃価格。

 同じ日系ブランドでは、ユニクロのニューヨーク旗艦店でも、当地在住のアーティストとの限定コラボレーションTシャツを販売している。どちらのブランドも贈る相手を選ばないので、大量に買い込みたい時にうれしい。

 ニューヨークを代表する老舗書店、ストランド・ブック・ストアのトートバック(③)も、定番だが見逃せない。同店は1927年創業の観光名所とだけあって、お土産コーナーが充実している。中でもトートバッグは常に新作デザインが発表されているので、定期的に店に足を運んでみよう。

 ちょっと個性的なお土産探しなら、ウェストビレッジにあるギフト店、エグジット・ナイン・ギフト・エンポーリアムもおすすめ。同店はニューヨークの街並みがテーマの大人向けの塗り絵(④)から、どこで使えばいいのか分からない、着脱式のユニコーンの角(?)まで、幅広いジャンルの商品を取りそろえている。

ニューヨークの味を持ち帰ろう
New York Caramel Collection, 9-piece
ダンボやソーホー、グリーンポイントなど、今最も注目のエリアのシンボルをあしらったチョコレート
(Marie Belle、24ドル)
Acrylic Apple
普段はなかなか見掛けない、M&M’sの白いチョコレート。容器はアクリル製なので、飛行機での持ち帰りも安心
(M&M’sWorld、14ドル95セント)
Augie Original
オギートリーツのオリジナルは、アーモンド、ピスタチオ、ココナツ、アプリコット、シーソルトをミックスしたグラノラ。食べ応えも十分
(Augie Treats、20オンス=12ドル99セント、3オンス=4ドル)
Popcorn Season- ing
自然由来の原料でできた、グルテンフリーのポップコーン用のシーズニング。健康が気になる人にも安心
(UrbanAccents、各5ドル50セント)
 グルメな都市、ニューヨークのお土産にはやっぱりフードが喜ばれる。当地発のマリベルのチョコレート(①)は今や日本でも定番だが、ニューヨーク限定のものはぜひとも手に入れたい。イタリアンエスプレッソが香るチョコレートの中には、なめらかなキャラメルソース。チョコの表面には、食べてしまうのがもったいないくらい精巧に描かれた、ニューヨークの人気エリアの風景がプリントしてある。

 同じチョコレートを取り扱う、ニューヨーク土産の聖地といえば、タイムズスクエアに旗艦店があるエム&エムズの「アイ♡ニューヨーク」チョコレート(②)だ。ニューヨークの象徴である、リンゴの形の透明ケースにぎっしり詰まっていて、部屋に飾ればちょっとしたアクセントにもなるかも。同店では他にも、キャラクターのぬいぐるみやキーホルダー、ルームウエアまで、色とりどりの関連グッズが店内に所狭しと並ぶ。

 一方、ブルックリンにあるオギートリーツのハンドメードのフルーツグラノラ(③)は、ニューヨークでも知る人ぞ知る一品。丁寧にベークされたグラノラは、素朴だが香ばしく、どこか懐かしい米国の家庭の味。ペーパーバッグに印刷された犬のキャラクターも愛くるしい。

 また、日本で意外と喜ばれるのが、シーズニング類。料理をしない人も喜ばせるなら、アーバンアクセントのポップコーン用シーズニング(④)はいかが?塩味のポップコーンに振り掛けるだけで、米国人が大好きな、ピリ辛なシラチャ味やチェダーチーズ味にランクアップする。


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
バッグス・バニーやトムとジェリー、そしてディズ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント