2016/09/23発行 ジャピオン883号掲載記事

Pages:      


猫と人、双方のために設計された店内は、猫にストレスを与えないように、秘密の逃げ道や隠れ部屋もある

(写真上)「猫は一匹一匹性格が違いますよ」と語る共同オーナーのエミリーさん。(同右上)カフェ部のミューパーラー・パティシエと同店が販売する猫をモチーフにしたマカロン(同右下)(Photo by Meow Parlour)


NY猫カフェの元祖

ミューパーラー

 ニューヨークに初めてできた猫カフェ「ミューパーラー」。ストリートから、ガラス越しに、店内がよく見える。猫たちは窓際で道行く人々を眺めている。

 店内至る所で猫が眠り、飛び回り、アイスコーヒーやクッキーを手にした人々と戯れる。建築家が猫と客双方のために特別に設計した店内に、この日は13匹の猫がいた(通常、8〜15匹)。板張りの床で、スタッフも客も靴を脱いで上がる。店内は換気システムと空気清浄機を完備している。

 共同オーナーのエミリー・リグランドさんは、「ここを開く前に、東京とパリの猫カフェを見に行きました」と言う。その上で、ニューヨークの猫カフェとして独自のミッションを打ち立て、2014年12月にオープン。そのミッションとは、店内にいる猫たちのもらい手を見つける(アダプション)ことだ。

もらい手探しが目的

 同店は市内の猫レスキュー・ボランティア団体「キティー・カインド」と提携。ここにいる猫は全て、同団体にレスキューされた猫たち。「保護されてオリの中にいるよりも、ここでは自由に動き回れるし、人に接して、『本来の自分』をアピールできて、猫にとってもリハビリになります」とエミリーさん。

 ここで「お見合い」をして気に入った猫がいたら、アダプションの手続きはキティー・カインドを通して行う。オープンから約1年半で、140組のアダプションが成立したそうだ。もちろん、もらうつもりがない人もウエルカム。自宅で猫を飼えないからと、猫と遊びにくる人も多い。

カフェと猫は別の場所

 同店は、猫カフェを「猫部」と「カフェ部」を分けている。カフェ部は、「猫部」のある場所から半ブロックほど先の角を曲がった所にある。実は猫カフェ開店にあたり、「レストランやカフェに動物を入れてはいけない」という市の法律がハードルになった。エミリーさんは、市の保健精神衛生局と何度も話し合いを重ね、市側の提案で今のスタイルに落ち着いたという。

 カフェメニューも本格的だ。何しろ共同オーナーのクリスティーナ・ハさんは、市内でマカロンパーラーを2店経営するプロのパティシエ。エミリーさんもここをオープンする前は、パティシエとしてクリスティーナさんの店で働いていた。

 カフェは離れてはいるが、コーヒーやマカロン、クッキーを買って猫部に入るのはオーケー。猫部から電話注文すれば、デリバリーもしてくれる。

 ウオークインもできるが、いろいろなイベントを開催するため、予約したほうがベターとのこと。そして、猫カフェ訪問時のエミリーさんのアドバイス。

 「無理やり猫を追い掛けず、ゆっくりコーヒーでも飲みながら、猫がすり寄ってくるのを待つ方が、猫に好かれますよ」

Meow Parlour
46 Hester St.
(bet. Ludlow & Essex Sts.)
Meow Parlour Patisserie
34 Ludlow St.
(at Hester St.)
www.meowparlour.com
猫部の料金は30分5ドルで、5時間まで追加料金で延長可能。アダプション費用は125ドルから。水曜日定休。


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント