2016/08/12発行 ジャピオン877号掲載記事


Pages:      
要チェックの注目フードホール  6選 
規模もコンセプトも異なる、最新フードホール 6店を紹介。ベンダーは入れ替わることがあるので、事前チェックをお忘れなく。
光が差し込み、解放感のあるホール内。注文したドリンクは、店員がテーブルまで運んできてくれる

「Mario by Mary」の「Luci- lle’sMeatballs」パニーニ(11ドル94セント)
「PatLaFrieda」のポレンタスティック(4ドル95セント)

アルコール完備の大人向けホール
ザ・ペンシー

 マンハッタンのハブ駅、ペンステーションに隣接し、観光客も立ち寄りやすい「ザ・ペンシー」。今年春にオープンした同ホールは、「電車に乗り損ねてよかった!」を合言葉に、ハイエンドかつ解放感あふれる空間を作り出している。

 バーと数店のベンダーで構成された同ホール最大の特徴は、ウエートレスがおり、テーブルでもカウンターでも、バーのカクテルやお酒が楽しめること。友人と気軽に一杯楽しみながら、こだわりのフードをつまみたい時にぴったり。日によって夜はDJがライブパフォーマンスを行う。

 肝心のフードにも手を抜かない。同ホールで人気なのは、セレブシェフ、マリオ・バタリ氏がプロデュースする、同ホール限定のパニーニ店「マリオ・バイ・メアリー」。焼きたてアツアツのチャバタにミートボールを挟み、ペコリーノやモッツアレラを重ねコクをプラス。手軽ながら本格イタリアンの味を堪能できる。冷えたドリンクも一緒にオーダーして、心地よい夏の夜のひと時を。

The Pennsy
2 Pennsylvania Plaza
(bet. 7th & 8th Aves.)
Mon-Sun: 11am-9pm
www.thepennsy.nyc


駅の出入り口に面し、周辺は人の往来が多く、立ち寄りやすい
グリーントマトを挟んだエッグサンドイッチ(7ドル)

多忙なニューヨーカーの味方
グレート・ノーザン・フードホール

 レストランやバーも併設するグルメな駅、グランドセントラルのバンダービルドホールに今年春オープン。デンマークで活躍するレストラン起業家、クラウス・メイヤー氏が、北欧の味をテーマに店をそろえた。

 パンやコーヒー、サラダバーなどは、朝に時間のない人をターゲットとしたラインナップ。特にメイヤー氏の名を冠したベーカリー「メイヤーズ・バゲリ」の朝限定の卵サンドは、オーガニックの卵をフワフワに仕上げ、季節の野菜と一緒にパンに挟み込んだ一品だ。

 ビジネスミーティングや電車待ちの時間、コーヒーブレイクで活躍する、日常生活に寄り沿うホールだ。

Great Northern Food Hall
Grand Central Terminal
89 E. 42nd St.
(bet. Lexington & Madi- son Aves.)
Mon-Fri: 7am-8pm
Sat-Sun: 8am-7pm
www.greatnorthernfood.com


他のホールに比べても、かなりのコンパクトサイズ。どこか異国の小道のよう
「TheButcher’sDaughter」の「Macro Bowl」(15ドル)

ミニマルな屋外マーケット
ザ・バワリー・マーケット

 若者が集うイーストビレッジの大通り・バワリーの一角にある「ザ・バワリー・マーケット」は 6月にオープンしたばかり。小さなプレハブ小屋がきゅっと集まった外観のインパクトと、屋外型フードホールにしては珍しく通年オープンであることが話題だ。

 アボカドトーストやアサイーボウルなど、野菜を使ったヘルシーメニューを提案するベンダーが多い。敷地が狭いので、腰を落ち着ける場所は少なめ。特に立ち食いすし「SushiFor Jones」はわずか4席なので、早い時間を狙おう。

The Bowery Market
348 Bowery
(bet. Great Jones & 4th Sts.)
Mon-Sun: 8am-9pm
www.thebowerymarket.com


客同士が席を譲り合ったり、店員とジョークを飛ばし合ったりと、和気あいあいな雰囲気が心地よい
アボカドにラディッシュ、トマトが乗った、色鮮やかなスマッシュ(8ドル)

人気エリアの隠れスポット
ユニオン・フェア・ガストロホール

 今年5月、ユニオンスクエアのバーンズ&ノーブル書店跡地にオープンした、「ユニオン・フェア・ガストロホール」。ビルの立ち並ぶ通りにひっそりと看板を掲げており、何も知らないと通り過ぎてしまいそうな、隠れ家的なスポットだ。

 同ホールでは、料理対決番組「フード・ネットワーク・スター」のシーズン8を勝ち抜いたことで知られるシェフ、イヴァン・ルモワーヌ氏がプロデュースするオリジナルメニューを、料理別のコーナーで提供している。

 8月初旬にオープンしたスマッシュ・バーのコーナーは、同ホールのベーカリーで焼き上げたバケットに野菜やフルーツをたっぷり乗せた、オープンサンドが目玉。またベーカリーコーナーが販売する、カラースプレーを練りこんだ「バースデー・ケーキ・クロワッサン」もSNSで注目を浴びている。見た目も味も甘い気分に浸れると人気だ。

Union Fare Gastrohall
7 E.17th St.
【Gastrohall】
Mon-Fri: 11am-9pm
Sat-Sun: 11am-3pm
【Bakery】
Mon-Fri: 8am-9pm
Sat-Sun: 8am-6pm
www.unionfare.com


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント