2016/04/01発行 ジャピオン858号掲載記事


Pages:      
大注目!MLSでプレーする日本人選手

今年は史上最大の4人の日本人選手がMLSでプレーする。大注目のルーキーからベテランまで、各選手の背景や特徴を紹介。

話題満載のスター候補

遠藤翼(トロントFC)

 今年1月に行われたMLSスーパードラフトで1巡目(全体9位)でトロントFCに指名され、日米共に話題になったのが22歳の遠藤翼選手。

 日本では12歳から18歳までJFAアカデミー福島に在籍した後、全米でも強豪として知られるメリーランド州立大に入学、全米準優勝に貢献するなどの活躍を経てドラフト上位指名となった。今季開幕戦(3月6日)から3試合全て(3月30日現在)に先発し、注目を集めている。

 右ウイング(FW)として起用されている遠藤は、セバスチャン・ジャビンコ(イタリア代表)、ジョジー・アルティドール、マイケル・ブラッドリー(共に米代表)、ウィル・ジョンソン(カナダ代表)といったワールドクラスのタレントがそろう攻撃陣の一翼を担っている。

 今季2戦目のNYCFC戦後にチームについて、また今後の目標について聞いた。

 「セバ(ジャビンコ)という大黒柱を中心にした攻撃的サッカーを志向するチーム。戦術についてよく話し合い、とても連携が取れている」のがチームの特徴だと語る。その中で遠藤が求められる役割は「上下を頻繁に行き来すること。その上で攻守両面での判断力、他の選手との連携が求められます。特に攻撃時にはチャンスを広げるポジショニングを考えてプレーしています」と言う。

 オフザボール(ボールを持っていないときの動き)での豊富な運動量、相手守備をかく乱させる動き、相手の攻撃の起点をつぶす動き、そして、中央のジャビンコを生かしながら、自身もチャンスがあれば飛び出すなど、こなさなければいけないタスクは非常に多いものの、ピッチ上ではルーキーらしからぬ堂々とした存在感を醸し出している。

 自身は、「ルーキーなので、自分のできること、求められている仕事を全うすることに精一杯です」とあくまで謙虚だが同時に、「スタメンで起用され続けるには、プレーの一貫性も求められます。他のプレーヤーとの連動性を高め、特に大黒柱のセバの身が軽くなるプレーをしていけたら」と貪欲さも併せ持つ。

 さらに当地在住の日本人に向けては、「МLSは本当にたくさんの観客が入って盛り上がっています。その人気を生で見て感じて欲しいですし、自分が活躍しているところを見せたいなと思っています」と観戦を呼び掛けた。


遠藤翼(FW)■1993年、東京都生まれ、173センチ、66キロ、背番号9


Toronto FC
【創設】2005年
【本拠地】カナダ・トロント
【2015年の成績】東カンファレンス6位。新加入のジョビ ンコが新人賞、MVPを獲得した
【チームカラー】赤

堅実なベテランと期待の新人

小林大悟
ザカリー・エリボー
(レボリューション)

ニューイングランド・レボリューションには、小林大悟選手とザカリー・エリボー選手(母が日本人の日本生まれ)の2人がいる。

 元日本代表で、33歳のベテラン、小林は日本では東京ベルディなどでプレー。2013年にMLSに移籍し、14年からレボリューションでプレーしている。日本人選手らしい技術の高さ、堅実なプレーに定評があり、昨季も21試合に出場。チームから絶大な信頼を置かれている。今季は開幕戦で得点を挙げ、ますます活躍が期待される。

 その小林が太鼓判を押す、未来のスター候補がエリボー。「将来の日本代表候補」としても日本のメディアで紹介され話題になった20歳。ユース育ちで、昨季トップチームに昇格。今季3月20日にレギュラーシーズンデビューを果たした。


New England Revolution
【創設】1995年
【本拠地】ボストン
【2015年の成績】東カンファレンス5位
【チームカラー】青・白

小林大悟(MF)■1983年、静岡県富士市生まれ、178センチ、70キロ、背番号16

ザカリー・エリボー(MF)■1996年、大阪府吹田市生まれ、186センチ、68キロ、背番号21

未来を担うサムライ

工藤壮人(バンクーバー・ホワイトキャップスFC)

 今季からMLSに移籍した、元日本代表で、柏レイソルではエースとして活躍してきた工藤壮人(まさと)選手。

 近年のMSLの進化に伴い、自国リーグの第一線で活躍する選手の移籍も目立つようになった。その好例といえるのが工藤。25歳という年齢的にも、キャリア的にもピークのただ中にある日本人選手の移籍は、MLS側も「新時代のアジア人プレーヤー」として、その成功に注目する。3月30日現在、3試合に出場。26日のヒューストン・ダイナモ戦では先発出場し78分プレーした。


Vancouver Whitecaps FC
【創設】2009年
【本拠地】カナダ・バンクーバー
【2015年の成績】西カンファレンス2位、カンファレンス準決勝敗退
【チームカラー】青・白

工藤壮人(FW)■1990年、東京都生まれ、177センチ、74キロ、背番号9


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント