2016/02/19発行 ジャピオン852号掲載記事

Pages:      


グレッグ・メイさん
アイオワ州出身。ボードゲームカフェ「ザ・アンコモンズ」オーナー


壁一面に積み上げられたボードゲームの中から、好きなものを自由に選べる

同店ではボードゲームの販売もしており、中にはここでしか手に入らないゲームも

The Uncommons
230 Thompson St.
TEL: 646-543-9215
www.uncommonsnyc.com

ボードゲームは色あせない
アナログな魅力

 ボードゲームの魅力に迫るべく、ボードゲームカフェ「ザ・アンコモンズ」のオーナーで、大のゲーム好きとして知られるグレッグ・メイさんに話を聞いた。

 グリニッジビレッジの大学街にあるカフェ「ザ・アンコモンズ」。中に入ると目に飛び込んでくるのは、壁一面を覆うボードゲームの数々。収蔵数は1000点を超え、米国最大級の「ボードゲームの図書館」として知られている。

 1人5ドル(週末、祝日は10ドル)を支払えば、自由にゲームを選んで遊ぶことができるというユニークなコンセプトが人気を呼び、朝から晩まで客足が途絶えることはないという。

 同店をオープンしようと思ったきっかけは?と、オーナーのグレッグ・メイさんに尋ねると、「自宅にあったボードゲームの数が200個を超えて、ガールフレンドにどうにかしろって怒られたんだ。それでカフェを作って、置き場にしちゃったんだよ」とちゃめっ気たっぷりの笑顔をみせる。

 

人と向き合う楽しさ

 幼い頃からボードゲームが大好きな、ちょっと「オタク」な少年だったというメイさん。ビデオゲームやオンラインゲームにはない、ボードゲームならではの魅力は「FacetoFace」にあるという。

 「今の時代、生活のあらゆる面がデジタル化されているでしょう。だからこそ、人と人が直接向き合って、笑い合うことができるボードゲームのアナログな魅力が際立つんだ」と語る。

 近くにある大学の学生から会社員、週末には家族連れと、客層は幅広い。実はカップルの来店も多く、「デートスポットとしても人気があるんだよ。ちょっと意外でしょ」とメイさん。気になる相手と初デート。話が盛り上らなかったらどうしよう…なんて不安があるときにも、ボードゲームがあれば話が途切れる心配がなく、リラックスして楽しめるのだとか。

 

定番よりも新作を

 「僕のお気に入りは、参加者が対戦するのではなく、地球を守るために協力するという発想が新鮮な『Pandemic』(ページ5で紹介)。店で人気なのは、天然資源を対戦相手と交換しながら土地を開拓していく『Catan』だね」

 たくさんのゲームを前にどれで遊ぶか決めかねて、ついつい定番の「モノポリー」に手を伸ばすお客さんも多いそうだ。そんなときにメイさんは、「新しいゲームにチャレンジするべきだ。新しいものの方が、ルールが精巧で、短い時間で楽しめる優れものが多いから」とアドバイスするという。

 

言葉の壁を越える喜び

 英語があまり話せなかったり、人見知りな性格だったりして、友達を作れずにいる人に向けてメイさんは、「言葉の壁を越えて友達を作りたいなら、ボードゲームは最適だよ」と話す。

 「例えば『Dixit』というゲームは、一人がカードを引いてその絵柄から連想する言葉を言い、他のプレーヤーがその絵柄を当てるというもの。これなら英語がそれほどできなくても、各国の仲間と一緒にやったら楽しいよ。うちの店には世界中から人が集まるから、友達を作りに遊びに来てほしい」とメイさんはほほ笑む。


店内で販売されている軽食やドリンクを傍らに、ボードゲームを楽しむことができる


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント