2016/02/12発行 ジャピオン851号掲載記事

Pages:      


渋谷真紀子さん
東京生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。博報堂での営業職を経て2013年に来米。2015年にエマーソン大学大学院演劇学部修了。アメリカン・レパートリー・シアターでインターンを経験。5月には自身が演出する作品も公演。

渋谷さんにとってのインターンとは

努力が認められる場所。現場でしか得られない経験ができるところ。次のステップを踏み出すチャンスが得られるところ。


ミュージカル「ウエートレス」の教育部門でインターンを経験。写真はポスターと修了証


サマースクールでは子供たちが脚本を書き、実際に舞台に出るプログラムで指導に当たった。写真は本番当日の舞台袖からの風景

劇場で3カ月
憧れの演出家の下で
次のステップへの扉
渋谷真紀子さん

 昨年5月にエマーソン大学大学院演劇学部を卒業後、6月からケンブリッジにあるアメリカン・レパートリー・シアターでの3カ月間のインターンプログラムを修了した。

 演出家になるために大学院で学んできた渋谷さん。トニー賞受賞演出家で、ブロードウェーミュージカル「ファインディングネバーランド」などの舞台演出で知られる、「憧れの」ダイアン・ポーラスさんが芸術監督を務める同劇場で経験を積みたいという強い思いがあった。インターンとして受け入れられたのも、在学中から1年半ボランティアとして関わってきた努力を認められたからだ。

 「私自身のテーマでもある『エンターテインメントの枠を超えて、社会に気付きを与える演劇』では彼女が第一人者です」

現場で学んだ
「業界」のルール

 携わったのは、ポーラスさんが演出を手掛けるミュージカル「ウエートレス」の教育部門。家庭内暴力を受けた女性が自立していく過程を描く物語で、作品の理解を深めるための教育ツールの作成、劇場の教育部門では子供たちが自ら脚本を書き、舞台に立つという4週間のサマープログラムで指導に当たった。

 20代の最後に、「やりたいことをやろう」と仕事を辞め、演劇を学ぶために留学した。だから、「一瞬の時間も無駄にしたくない」という思いで臨んだ。インターンでは演劇という特殊な世界で仕事をすることの難しさを学んだ。

 「インターンとして与えられた業務をこなしながら、こうしたらいい、と思うことをどんどん提案していました。そうしたら、上司から、それぞれに役割分担あり、果たす責任があること、また自分の役割に徹するように注意を受けました」

 インターン後、全米演出家振付師組合(SDC)のフェローシップに選出され、ブロードウェーミュージカル「アリージェンス」の演出部門に研修生として派遣されたときも、似た経験をした。年配の俳優を気遣い、椅子を持っていくと、「あなたの仕事ではない」と違う部門から言われた。

 集まっているのは、第一線で活躍する各分野のプロ。その環境では、「自分に課せられた仕事を完璧に遂行することが一番大切。小さなことでも自分のやるべきことを外れると、本業をおろそかにし、人の仕事を奪うと見られてしまう」

 プロたちが持てる専門的な知識、技術の全てをつぎ込むことで、「劇」が出来上がるのを痛感したという。

インターン経験が
チャンスを広げる

 インターンではポーラスさんの話を聞く機会もあった。「作品を作る秘訣(ひけつ)を教えてくれました。さらにうれしかったのは、その後、マンハッタンの路上で偶然すれ違ったとき、『ハーイ』とあいさつしてくれたこと」と笑う。

 「この業界では実力を示す機会すら得るのが難しい。でも面接で『アメリカン・レパートリー・シアターで働いていたのなら大丈夫』と評価され、チャンスをもらえることがありました。また知り合った人たちとのつながりから次のチャンスを得ることもあります」

 2月には「ウエートレス」のブロードウェー公演の準備が始まり、プロダクションアシスタントとして手伝ってほしいと声が掛かった。今、いくつかのプロダクションで演出家になるための経験を積んでいる。


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント