2016/02/05発行 ジャピオン850号掲載記事


Pages:      
チョコ作りクラスと
工場ツアー
 今年のバレンタインはパートナーと一緒にチョコ工場に見学に行こう。

 レッドフックに工場を持つ「ラーカ」(記事右)では、チョコ作りの体験クラスと工場見学ツアーを実施している。

 45分の工場見学ツアーでは、カカオ豆をローストしない「生のチョコ」がどうやって作られるのか、職人の作業の様子を見学できる。その他、世界中から集めたカカオを試食し、その味の違いを比べる体験も。

 週末のみ開催のチョコ作りのクラスは2時間。石製グラインダーでカカオをひくところから体験できる。自分が作った板チョコは持ち帰りができるので、「手作り」チョコをバレンタインにプレゼントしよう。喜ばれること間違いなし。参加希望者はオンラインで予約すること。

【工場見学ツアー】
参加費:10ドル
Thu:7pm~、Fri: 6pm~、Sat&Sun: 12pm~
【チョコレート作りクラス】
参加費:50ドル
Sat&Sun: 2-4pm, 5-7pm


ブルックリン・レッドフックにある「ラーカ」の工場では、チョコレートの作成工程の見学できる。チョコレート作りのクラスでは、自分でカカオ豆をひく体験も


Raaka
64 Seabring St. (bet. Richards & Van Brunt Sts.)
TEL: 855-255-3354/www.raakachocolate.com
(「Visit Us」をクリックして予約)

本音を聞かせて!
チョコ以外のプレゼントは?

アメリカでは、バレンタインデーは恋人同士がプレゼントをし合う日でもある。今回、読者アンケートを実施し、定番のチョコレート以外に、欲しいもの、またプレゼントしたいものを聞いてみた。

ほしいもの

「チョコレートアレルギーなので花がいいです」(SYさん/女性)
「記念に残るので時計」(SSさん/女性)
「現金!」(MDさん/女性)
「二人でリラックスする時間を過ごすためにスパのギフト券」(NDさん/女性)
「できればApple Watchを」(STさん/男性)
「日本人なので自分がもらう頭はなかったですが、もらえるならピアス」(KSさん/女性)
「冬なので、温かくてすべらないブーツと手袋」(YIさん/女性)

あげるもの

「バラのブーケ」(KEさん/男性)
「国内の出張先で使えるヨガクラスの会員証」(KKさん/女性)
「一緒にいられる時間さえあれば特に欲しい物はありません」(MHさん/女性)
「アイスクリーム。自分も一緒に食べたいから」(KYさん/女性)
「雪の日に雪かきをしてもらうために、ジャケットとパンツ」(NDさん/女性)
「夫がコレクターなので、ナイキのフライニットスニーカー」(AHさん/女性)
「一緒に参加できるイベントのチケット。彼の違う一面を見たい」(YYさん/女性)
「甘いものが大の苦手な彼なので、今一番必要そうな靴をあげます」(AJさん/女性)


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
バッグス・バニーやトムとジェリー、そしてディズ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント
Copyright © TREND POT NY, LLC All Right Reserved.