2016/01/29発行 ジャピオン849号掲載記事


Pages:      

家族と過ごすベトナムの「テト」

 「テト」と呼ばれるベトナムの旧正月は 、1年中で最も大事な祝祭日。通常1週間ほど関連イベントが 続くが、最も盛り上がるのが元日で、ライオンダンスや、爆竹の音があちこちでにぎやかに鳴り響くという。「この時期になると正月用の赤やオレンジの花が街に飾られて、きれいなんですよ」と、海辺のリゾート、ニャチャン市出身で、マンハッタンでベトナム料理店を営むアンディー・ハさんは故郷を懐かしむ。

 そして「ベトナムの正月は家族と過ごし、先祖に敬意を表するのが基本です」とも。1980年に一家そろって難民としてアメリカに移住してきたアンディーさんにとっては、とりわけ強い思いがあるようだ。

 「年越しの瞬間は重要なので、眠くてもがんばって起きてお祝いをします。年が明けたら、お寺や先祖の墓にお参りに行ったり、贈り物を交換したり、正月料理を食べて過ごします」とのこと。この時ばかりは店を閉じる。

 「正月料理の中で独特なのは 粽(ちまき)ですね。ベトナムの粽はとっても大きいんですよ。四角いものを『バンチャン』、筒型のものを『バンテト』と呼びます。わが家のは筒型で、バナナの皮で包んだ後にアルミホイルでさらにくるんで数時間蒸し煮にします」

 また、ベトナムには正月の間だけは「ベジタリアンになる」という習慣もあり、アンディーさんの店でも、それに備えて正月休みに入る前に豚、カモ、鶏の丸焼きなど、いつもは店で出さない特別料理を振る舞うそうだ。


Andy Haさん
Nha Trang Oneオーナー
www.nhatrangone.com



ライオンダンスの演者と撮った写真

ベトナムの粽「バンテト」を作っているところ

先祖に礼を捧げる韓国の正月

 ニューヨーク植物園の図書館で、司書を務めるチェ・ユミさんは、15年前に韓国・ソウルから当地に引っ越してきた。

 韓国での旧正月のお祝いは、「クンジプ」と呼ばれる一族の長の家に、親戚が集まって先祖のためにしつらえた料理を供し、頭を床につける大礼を捧げることから始まる。年に2回、正月とお盆に当たる「チュソク(秋夕)」は家長の家に集まらなければいけないため、前後3日間が祭日となり、都会に住む子供たちが一斉に地元に戻る。

 アメリカで暮らすようになってから参加できなくなり、「きっと子供たちが一番さみしい思いをしていますよ」とユミさんは語る。

 子供たちは新しい韓服(民族衣装)を着て先祖にあいさつをした後、年長者から「勉強を頑張りなさい」「健康に過ごしなさい」といった「トッタム(徳談)」の言葉と共にお年玉がもらえる。一族が集まるため、子供たちにとって、お小遣いの〝書き入れ時〟となる。

 旧正月料理に欠かせないのは「トック」。薄い餅の入ったスープで、だしや具材は地方によって異なる。ユミさんの家では牛肉の入った「マンドゥ(饅頭)」を入れるという。餃子に似ているが、包み方は三角に折った皮の両端を手前で合わせて作るとのこと。

 トックは「チョムセビョン(添歳餅)」とも呼ばれ、「お正月に食べないと歳を取れないと聞かされていたため、小さい頃は兄の歳を抜きたくておかわりをたくさんしたんですよ」(笑)と懐かしそうに話してくれた。


Yumi Choiさん
ニューヨーク植物園図書館司書
二児の母親でもある



マンドゥ入り「トック」。写真は韓国レストラン「Seoul Garden」のもの

新しい韓服を着てうれしそうなユミさんの子供たち

旧正月を楽しむイベント

気分を盛り上げるプレイベント
Madison Street to Madison Avenue

日時: 2月6日(土)11am-3pm
旧正月の装飾を施した二階建てバスが、チャイナタウンからアッパーイーストサイド、ミッドタウンイーストを回る。途中MadisonAve.(at76thSt.)や、Madison Ave. (from 76th St. to 54th St.)で、ライオンダンスやドラゴンダンスなどを披露。また、HarmanStore (527MadisonAve.)では正午から、フェースペインティング、ランタン作りなどのアクティビティーや音楽の演奏を楽しめる。
www.eastmidtown.org/LunarNewYear


祭りの開始を告げる爆竹セレモニー
Firecracker Ceremony and Cultural Festival

日時: 2月8日(月)11am-4pm
Sara D. Roosevelt Park (Grand St.: bet. Chrystie & Forsyth Sts.)内で50万個以上の爆竹を鳴らし、旧正月の到来を祝う。
www.betterchinatown.com


大勢の人出でにぎわうパレード
Lunar New Year Parade & Festival

日時: 2月14日(日)1pm-
Mott & Canal Sts. をスタートし、ゴール地点のSara D. Roosevelt Parkまで、ライオンダンス、ドラゴンダンス、フロート車などが練り歩く、旧正月最大のイベント。
www.betterchinatown.com

子供向けイベント

Family Day: Moon Over Manhattan!
Celebrate Lunar New Year

日時: 2月6日(土)1-4pm
場所: Asia Society
料金:5ドル(子供、学生、シニア)、7ドル(会員)、12ドル(非会員)
旧正月を祝うアジア各国の伝統にインスパイアーされたクラフト作りやパフォーマンスを楽しめる。ライオンダンスやカンフーのデモンストレーションもある。
www.asiasociety.org

MOCAFAMILY: Lunar New Year Family Festival

日時: 2月20日(土)11am-4pm
場所: Museum of Chinese in America
料金:1人10ドル(個人会員は8ドル、家族会員や2歳以下の子供は無料)
ライオンダンスや音楽演奏のパフォーマンス、長寿の象徴である麺作りの見学、干支のサルにちなんだクラフト作り、旧正月に関連する本の読み聞かせなどが楽しめる。
www.mocanyc.org


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画