2016/01/08発行 ジャピオン846号掲載記事

Pages:      

お話を聞いた人


セント・ジョン・フリゼルさん
フードライターからバーテンダーに転身。マンハッタンの名門カクテルバー「ペグ・クラブ」に勤務した後、2009年に「フォート・デファイアンス」を開店。



Fort Defiance: Café-Bar
365 Van Brunt St.
Brooklyn, NY 11231
TEL: 347-453-6672
www.fortdefiancebrooklyn.com

ブルックリン発
激うまアイリッシュコーヒー
 ホットカクテルの代表格と言えばアイリッシュコーヒー。アイルランド系移民が多いニューヨークではおなじみだが、ブルックリンにある「フォート・デファイアンス」のものが市内随一と地元各紙で評判だ。

 アーティストスタジオが並ぶレッドフック地区にあるカフェ&バー「フォート・デファイアンス」。独立戦争の古戦場だったこのかいわいの歴史を意識した素朴な内装の店内が印象的だ。名物とあって、なるほど、店内を見渡せば客はほぼ全員アイリッシュコーヒーを頼んでいる。

 「週末ともなると100杯は出るよ!」と話すのはオーナーのセント・ジョン・フリゼルさん。元はフードライターだったが、食好きが高じてバーテンダーに転身。マンハッタンの有名店で腕を磨いた後、2009年に同店をオープンした。

 「まずは、論より証拠。飲んでくれ!」と耐熱グラスに入ったアイリッシュコーヒーが登場。軽く口をつけただけで、洗練された大人の味わいに体が芯から反応する。よく冷えた生クリーム層の下から、すすり上げる液体は限りなく沸点に近く、その温度のコントラストときたらまるで雪中の露天風呂。しかも、コーヒーの芳醇(ほうじゅん)な苦味に、程よくアルコールが飛んだウイスキーのまろやかな口当たり。そして全体に行き渡るほのかな甘味と、見た目だけでなく、味も多層を成している。いまやブルックリンの名物となったクラシックカクテルの誕生秘話が面白い。

マシンの有効利用で誕生

 「辺ぴなエリアだから夜の営業だけではとてもやっていけないと考えた」と語るフリゼルさん。朝食やランチも提供する計画を立て、8000ドル近くはたいてエスプレッソマシンをバーカウンターの中に導入したという。

 「結構な出費だったので何とか有効に利用したかった。そこで、思い付いたのがホットカクテル。試しにアイリッシュコーヒーを作ってみたらめっちゃウマかったってわけさ」

手間暇掛けた一杯

 おいしさの秘密は手間暇掛けた製法にある。シュガーシロップ1オンスにアイリッシュウイスキー(銘柄は「パワーズ」)1・5オンス。これを湯煎にかけている間にダブルエスプレッソを作り、出来たてを4オンスの熱湯と共にウイスキーに注ぐ。仕上げには、よくシェークした生クリームをかぶせる。

 「味の決め手は、温度差だよ。ドリンクもグラスもやけどするくらい熱くしてトッピングのクリームはあくまでも冷たく。それが基本。そこで威力を発揮するのがエスプレッソマシーンやスチーマーなんだ。バーにエスプレッソマシンというミスマッチが、偶然にも最高のアイリッシュコーヒーを生み出したのさ」

 大ヒットに乗じ、常設の5種類に加え、季節限定のホットワインやホットビールなどホットカクテルメニュー全7種類を展開している。極寒の夜はぜひブルックリンで「お熱い」経験をどうぞ。

 クリームの層が美しい「フォート・デファイアンス」の「アイリッシュコーヒー」(写真上左、12ドル)。バーボンをスチームドミルクで割った姉妹カクテル、「ケンタッキー・ナイトキャップ」(同上右、9ドル)。季節限定で、いずれも一晩寝かせて味わいを完成させるという、ジンジャーブレッドのフレーバーが優しい「ホットビール」(同下左、11ドル)と、果実の酸味が腹に染みる「ホットワイン」(同下右、10ドル)


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント