2015/09/18発行 ジャピオン831号掲載記事


Pages:       


自身が手掛けるブランド「TheDubLife Clothing Co.」のスエットパンツに、無地の黒いTシャツを合わせたジョッシュさん。今日の主役はもちろん、アフリカンテイストを散りばめたこのボトム。「今注目しているのは、『ストリート×ラグジュアリー』のミックススタイル。インパクト主義のファッションを追求します!」


「『ミニマル&スタイリッシュ』が気分なの」と語る、サラさん。デンマーク発「HanKjoben- havn」のメンズの黒スエットパンツに、お気に入りのエア・ジョーダンを合わせ、さらりとクールに着こなしている。長めの丈をくしゅっと持ち上げ足首をのぞかせるだけで、女性らしがアップ。スニーカーの魅せ方も、技あり!




グレーのスエットパンツに、ベアトップを組み合わせる大胆なコーディネートがまぶしい、アナスタシアさん。「スエットパンツは『H&M』で20ドルくらいだったけど、履き心地がいいし、おしゃれに決まるので気に入っています」とのこと。ウエストのひもはあえて結ばず、抜け感を楽しんでいるよう。



エドワルドさんは、「H&M」のロークロッチ(股下が深いスタイル)の7分丈スエットパンツに、「Y-3」のスニーカーを合わせ、洗練された大人カジュアルに。「ストリート系にならないためには、きれい目や細身のデザインを選ぶのがグッド」とアドバイスをくれた。


アスリージャー・ブロガーに学ぶ
“ヘルシー&セクシー”

 「健康的な女性って、とてもセクシーだと思うんです」と話すのは、ニューヨークの最新アスリージャーファッションを紹介するブログ「Athle/Surely」を手掛ける、チェイス・リンジー・ローゼンさん。

 フィットネスインストラクターのマーケティングコンサルタントとしての経験を生かし、機能性が高く、かつセクシーでスタイリッシュなアクティブウエアの魅力を世の女性に伝えるため、今春からブログを開始。自らがモデルとなり、おすすめのウエアとその着こなしを紹介している。ブログの閲覧数も右肩上がりで、「アスリージャーがただの流行ではなく、スタイルの一つとして定着しつつあることを、日々実感している」という。

 スエットパンツをセクシーに着こなすには、「ある程度体を鍛え、引き締めましょう」とのアドバイス。特にヒップがキュッと上がっていると、体にフィットするタイプのパンツを着用したときに、かっこよく決まる。「私のファッションルールはいたってシンプル。とにかく、ピチピチした上下、ダボダボの上下の組み合わせは絶対にNG、コントラストが重要ということ。ゆったりとしたスエットパンツなら、程よくタイトなトップスを合わせましょう」



Chase Lindsay Rosenさん

スポーツウエアブランド「Bandier」のマーケター、ブロガー。ブログ「Athle/Surely」(www.athlesurely.nyc)で、アスリージャーファッションのあれこれを紹介している。


優秀スエットパンツはここでゲット!

For Women:スポーツ女子の味方
★lululemon athletica【ソーホー店(125 Prince St.)他】
★Athleta【ソーホー店(126 5th Ave.)他】
美シルエットに自信あり
★Artizia【ソーホー店(524 Broadway)他】
★Bella dahl(231 W. 39th St.)

For men:履き心地を追求
★Outdoor Voices(255 Canal St.)
★Cotton On【タイムズスクエア店(235 W. 46th St.)他】
高デザイン性×履き心地
★Ami(バーグドーフグッドマン他)
★Norse Projects(スティーブン・アラン他)
★Acne Studios(33 Greene St.)

For ALL:スポーツウエアの定番
★Nike【ナイキタウン(E. 57th St.)他】
★Adidas【アディダスオリジナルス(136 Wooster St.)他】
色違いもほしい! コスパ◎
★Uniqlo【5番街店(666 5th Ave.)他】
★H&M【5番街店(589 5th Ave.)他】


Pages:       

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント