2015/02/06発行 ジャピオン799号掲載記事

菅原知子

ニューヨーク唯一の日系結婚相談所『NY結婚相談所』(nykekkon.com) 代表。安全と信頼をモットーとした結婚相談サービスを提供。専属カウンセラーによる無料カウンセリングは、ウェブから予約可能。
www.nykekkon.com
contact@nykekko n.com


今回は、ニューヨーク在住の日本人と、当地の男女の縁結びサポートを行う「お見合いのエキスパート」、ニューヨーク結婚相談所代表の菅原知子さんに、当地におけるリアルな婚活トレンドについて話を聞いた。

結婚はハンティング!

ニューヨークの独身男女の婚活の現状は?

「ニューヨークは出会いの街」とよく言われますが、結婚となれば、また話は別。真剣に婚活している人はたくさんいます。

 ひと昔前までは、結婚は自然な流れに任せて、という「チャンス待ち」が一般的でしたが、今は「選ぶ」時代。チャンスをつかまえに行く!という姿勢の人が増えましたね。実際にオンラインデートやスピードデーティングなどの利用者が他都市と比べて多いということは、
「出会えていない」「出会いの場を求めている」ということの表れでしょう。

 当地での婚活へのイメージもがらりと変わりました。今や、ニューヨーカーの5人に1人がオンラインでパートナーと出会っているという時代です。仕事が充実し、精神的にも経済的にも自立している男女が多いニューヨークだからこそ、仕事や趣味などに熱中し、いつのまにか結婚適齢期が過ぎそうで焦る、という話をよく聞きます。やりたいことをやり尽くし、いろんな人とデートをしてみて、いよいよ安定した生活を、と婚活を始めるのが、30代~40代となるのも珍しくないようですね。

日本人も本気です!

ニューヨーク在住の日本人も婚活に積極的?

 それはもう、やってる方はたくさんいらっしゃいますよ。特に女性が多い! 海外ですから皆さん、一人が寂しく感じてきた、精神的な安定が欲しい、子供が欲しい、大声では言えませんがビザが欲しい…と、結婚相手を探す理由はそれぞれ。結婚観については個人差はあるでしょうが、より豊かな人生を求めて、生涯の伴侶を探すという点は共通しています。

傾向はありますか?

 アメリカでは経済的に裕福な男性でも、結婚後にも相手に仕事を続けて欲しい、自立して欲しいと考えている人が多いです。ですから、目的を持って来米し、結婚後も外で働きたいと考えている上昇志向の強い日本人女性の需要は、非常に高いと言えるでしょう。

 また最近は、外国人男性と結婚したいという日本在住の女性が多いのも事実。お見合いをするための「婚活留学」も普及しています。パートナー探しの舞台は、今や世界と言っても過言ではないのです。

 要は、世の中にはこんなにすてきな独身男女があふれているのに、うまく巡り合えていないということ。だからこそ、私たちのような「運命の手助け役」の需要が高まっているのではないでしょうか。

NY結婚相談所の会員の入会動機もいろいろ?

 いくら英語が上手でも、ネーティブレベルにはなれず、オンラインデートなどを通して出会ったアメリカ人とデートを繰り返してみても、なかなか真剣な交際につながらなかったと悩む方は多いです。だからこそ、自分の市場価値がある場所を見極め、理想の人とお会いできるチャンスを広めるだけで、結婚への道はぐんと近づけるのです。

ここだけは押さえて!

婚活をする上での心構えは?

 まず、①独身生活の気楽さを捨てる覚悟を決めてから始めましょう。独身時代とはまた違った、結婚の素晴らしさを享受することができます。また②相手に幸せにしてもらうのではなく、自分がいかに相手を幸せにできるかということを頭の中心に置いて活動することも大事です。

 ③紹介されたお相手の気に入らないところを見つけたら、その点が本当に自分にとって重要なポイントなのかどうかを見極めてからお断りをすること。条件を厳しく設けてしまうと、せっかくのご縁も台無しになってしまいますから。そして最後に、④結婚したいという気持ちが消えるまでは、絶対にあきらめないことです。

婚活中の男女へメッセージを。

 婚活は恥ずかしいことではなく、素晴らしいこと。自分の幸せを探すのは自然の流れですから。どのような形で会ったにせよ、その後の関係を育てていく過程はどれでも一緒。愛と理解と思いやりが大切なのですから。

 どうぞ、楽しみながら、世界でたった一人のパートナーを見つけてください。


過去の特集

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント