2019/04/12発行 ジャピオン1013号掲載記事


Pages:      

ルーズベルト島

本誌発行から最も早くやってくる桜祭りは、マンハッタンとクイーンズの間にある、ルーズベルト島で開催される。細長い島を囲む遊歩道にはソメイヨシノが並び、イーストリバー、そしてマンハッタンの風景をのぞみながら、その美しさを堪能できる。

2011年の東日本大震災を受け、被災地支援のファンドレージングとして始まったのが、この桜祭り。現在は毎年1万人以上が訪れるイベントに成長した。今年はピクニックコーナーでのフード販売、茶会、三味線や琴の演奏、日本舞踊やよさこいのパフォーマンス、日本文化体験コーナーなどを設置予定。

島とマンハッタンをつなぐケーブルカーに乗車すると、桜並木を見下ろせるのでオススメ。クイーンズ方面から訪れるなら、フェリーで春風に吹かれながら島を目指してみては?


1013-Sakura_4-1

Roosevelt Island Cherry Blossom Festival
4月13日(土)
11am-5pm
FDR Four Freedoms Park
fdrfourfreedomspark.org



フラッシング

地下鉄7ラインの終点近く、メッツの本拠地・シティフィールドにもほど近い、フラッシング・メドウズ・コロナ・パークでも桜が開花。特に、公園中央のパビリオンに鎮座する、銀色の地球儀「ユニスフェア」から延びるプロムナードが、桜色に染まって華やかだ。

小さな子供連れにとって、この公園は優秀な花見スポット。広々とした敷地で鬼ごっこやキャッチボールが楽しめる他、科学博物館や美術館、動物園などの教育施設が多く、花見以外の見どころが盛りだくさんなのだ! 春の行楽でお出掛けするにはぴったり。

毎年恒例の桜祭りはニ、ューヨーク日系人会が主催。合唱や茶会、伝統舞踊で日本人の郷愁を誘う。短時間で濃厚な桜祭りを楽しみたい人にもオススメのイベントだ。


1013-Sakura_4-2

Annual Sakura Matsuri Cherry Blossom Festival
4月20日(土)
11am-1pm
Pavilion & Astral Fountain, Flushing Meadows Corona Park
jaany.org/ja



バッファロー

カナダとの国境にほど近い、アップステートのバッファローでも桜祭りが催される。今回紹介する中では最北なので、4月中に桜を見逃した人にもオススメだ。キャッチコピーは「DCへ桜を見に? バッファローにも桜はあるよ!」。会場は、緑豊かなデラウエアパークの日本庭園。

元々は2014年に、同地の桜の認知度アップと保全資金の確保のために始まった。今では、桜を愛し、バッファローにさらなる桜の木を植えることをミッションとしている。

当日は着飾った参加者らによるパレード、折り紙教室や太鼓体験、太極拳クラスなどを開催する。ゆったり桜を鑑賞したい人は、園内のホイト湖に浮かんだボートに乗船しよう。湖に反射するピンクと青空のコントラストが美麗だ。


1013-Sakura_4-3

Buffalo Cherry Blossom Festival
5月4日(土)、5日(日)
Japanese Garden, Delaware Park
buffalocherryblossomfestival.org



フィラデルフィア

日本家屋「松風(しょうふう)荘」があることで知られる、ウェストフィラデルフィアのフェアマウント公園では、桜の開花に合わせたイベント「桜サンデー」が開催される。

同公園に植えられている桜は数百本あり、最も古いものは1926年植樹。青々とした芝生の上でずらりと並ぶ巨大な桜並木は、圧巻の一言に尽きる。

注目イベントは、フィラデルフィアのすし職人ナンバーワンを決めるコンテスト、ペットの仮装(テーマカラーはピンク!)コンテスト、玉川大学による太鼓とダンスの公演など。

そして前述の松風荘は、4〜10月限定で一般向けに門戸を解放している。コイが泳ぐ日本庭園で、美しく手入れされた桜が咲き誇る光景は、まるで日本画のよう。ニューヨーク近郊でも屈指の、本格的なわびさびスポットだ。


1013-Sakura_4-4

Subaru Cherry Blossom Festival, Sakura Sunday
4月14日(日)
10am-5pm
Horticulture Center, West Fairmount Park
japanphilly.org


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

特集
夏だけ入島できる特別なリゾートとして、ニューヨ...

   
Back Issue 2019
Back Issue 2018
利用規約に同意します