2019/03/22発行 ジャピオン1011号掲載記事


Pages:      

1011-Scarsdale_4-5

 
スカースデール・ビレッジ
 
メトロノースのスカースデール駅周辺エリア、通称「ビレッジ」を、ジャピオン編集部が探索!
ニューヨーク市内にある、作りたての地ビールが飲める、ビール醸造所に併設されたタップルーム(一部はタップルームのみ)の制覇を目指そう! 各所の定番、おすすめも紹介。
 
駅前広場のクラシカルな時計台と建物をひとしきり堪能したら、まずは線路の反対側に回り、小腹を満たしに行こう。レストランデリ「クックド(①)」は、昨年リニューアルオープンしたばかり。ブルックリンを想起させる、カジュアルかつモダンな雰囲気が魅力で、昼夜問わず多くの地元住民が足を運ぶ。

腹ごなしに駅前散策を開始。とある店のショーウインドー越しに、無数のギターが並ぶ壮観な光景が見えて、足を止めた。ここはソーホーの名楽器店「ルディーズ・ミュージック(②)」が昨年開いた2号店。滑らかなギターの曲線美はまさに芸術、眺めるだけでも楽しい。初心者のギター購入の相談も、もちろん歓迎。

家族連れも多く住む地域だけに、子供関連の商売も多い。中でも「ラーニング・エキスプレス(③)」は、今年で創業21年の人気店。対応してくれた店員ケビンさんは一見クールな若者だが、おもちゃの相談をすると目の色を変え、商品の魅力を熱く語ってくれた。

甘いものが欲しくなったら、ベーカリー「マリーズ(④=同じ住所で『セルツバーグ』と表記されることも)」がぴったり。優雅で気品ある内装もさることながら、ケーキの色味が美しい。甘過ぎないので日本人の舌にも合うはず。

マリーズのちょうど向かいにある「ノルディック・エッジ(⑤)」は、赤外線サウナ、加圧療法、ソルトセラピーなど、ちょっとユニークなメニューと機材をそろえた、総合ウェルネスセンター。昨年のオープン以来、美と健康に敏感な住民の中で話題となっている。この店は、来店前に予約が必要。


1011-Scarsdale_4-1

1011-Scarsdale_4-2

1011-Scarsdale_4-3

1011-Scarsdale_4-4

1011-Scarsdale_4-6


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画