2019/02/08発行 ジャピオン1005号掲載記事


Pages:      

演奏者目線のオーケストラ
「オーケストラ・オブ・セントルークス(OSL)」コンサートマスターでバイオリニストの田中直子さんが、楽団の歴史を振り返る。

ーバイオリンを始めたきっかけは?
4歳の誕生日に、両親が子供用バイオリンを買ってくれたことですね。桐朋学園の音楽高校在学中に、先生に米国留学を勧められ、1972年にニューヨークのジュリアード音楽院に入学しました。

ー当時のニューヨークのオーケストラシーンは、今とどう違いましたか?
今でこそアジア人演奏家が増えましたが、アジア人は圧倒的に少なかったですね!第二次世界大戦の戦禍(せんか)を逃れた、ヨーロッパからの移民が多かったです。そして私が来た当時は、ベトナム戦争の徴兵などで街が混乱していました。誰もが生きること、生活することに必死でしたね。日本人の私も、為替が1ドル360円の時代でしたから、ニューヨークでの生活は大変でしたよ。

ーOSL創設の経緯は?
気の合った音楽仲間たちで、自由に演奏しようと集まりました。最初は室内楽(10人以下)ぐらいの規模。楽団名は、グリニッジビレッジに「セントルークス教会」という場所があり、そこで定期的に演奏会をしていたことが由来です。ウェストチェスターで毎夏開催される「カラムーアフェスティバル」という音楽祭に、80年代に初参加したのをきっかけに、楽団として大きく成長していきましたね。
現在のOSLは、オーケストラとして円熟し、とてもよいコンディションです。2018-19年シーズンから、新たな指揮者を迎え入れ、いい方向に向かっているのではないでしょうか。
演奏の場をジャンル問わず設けている他、青少年への音楽教育にも力を入れています。私自身も、ジュリアードやニューヨーク大学で教えています。

ー田中さんが務める「コンサートマスター」とは?
オーケストラの中心に位置取り、音楽の「舵取り」をします。多数のパートで構成されるオーケストラの音がバラバラにならないよう、全員がうまく「波」に乗れるように気を配るのが私の仕事。個人的に、オーケストラの音楽が「人間の声で喋り掛けている」ように観客に届くことを意識して、演奏しています。

ー観客にどう演奏を楽しんでほしいですか?
難しく理解しようとせず、肩の力を抜いて「いい音だな」と楽しんでもらえればうれしいです。もちろん、パンフレットなどを事前に読んで、その作品や演奏家について知ると、さらに奥深い体験になりますが、何よりも自分の感性を信じることが大切です。

ーニューヨークでお気に入りのコンサート会場は?
たくさんありますが、カーネギーホールは建物が古いからなのか、とても上質な音が反響しますね。名だたる演奏家が演奏したという歴史が積み重なっていることもあって、心地いい音楽が生まれるのではないでしょうか。



1005-Orchestra_5-1


田中直子さんバイオリニスト。東京都出身。1972年にジュリアード音楽院入学、1974年に「オーケストラ・オブ・セントルークス」立ち上げに参加、現在コンサートマスターを務める。「オルフェウス」「ニューヨーク・フィロムジカ」にも参加していた。ジュリアード、ニューヨーク大学などで教える。


1005-Orchestra_5-2


Orchestra of St. Luke’s(oslmusic.org)<コンサート情報>2月10日(日)2pm-@ブルックリン美術館
室内楽シリーズ「Mozart Clarinet Quintet」28日(木)8pm- @カーネギーホール
「Beethoven’s Second Piano Concerto with Paul Lewis」


1005-Orchestra_5-title


1005-Orchestra_5-3


♪オーケストラと言えば!
Carnegie Hall
ニューヨークでのオーケストラの晴れ舞台といえば、老舗のコンサート会場であるカーネギーホール。1891年のオープン以来、規模や国籍問わず、さまざまな楽団がここで演奏をしてきた。もちろん、ソロ公演や四重奏、室内楽なども充実。演奏会場が複数あるが、最も有名なのはメーンステージであるスターン・オーディトリウム。約2800席を有する、巨大かつ優雅なステージだ。 (on 57th St. / carnegiehall.org)


1005-Orchestra_5-4


♪音楽の総合施設
Lincoln Center
ニューヨーク・フィル(デービット・ゲフィン・ホール)、メトロポリタン・オペラ(メトロポリタン・オペラハウス)、ニューヨーク・シティーバレエ(デービット・コーク・シアター)を含む芸術団体がそれぞれ拠点を構える。無料屋外イベントも多く開催する他、施設内にあるジュリアード音楽院が、生徒によるミニコンサートを多数企画しているので、リーズナブルに音楽に触れたいときにもぴったりだ。 (10 Lincoln Center Plaza / lincolncenter.org)


1005-Orchestra_5-5


♪ブルックリンでの鑑賞ならココ
Brooklyn Academy of Music
150年以上に渡り、ブルックリンでアートの普及に努める。コンサートだけでなくダンス、演劇、文芸、コメディーなどさまざまなジャンルのステージを鑑賞することができる。元々はフィルハーモニック・ソサエティー・オブ・ブルックリン(現在は解散)の本拠地として設計された建物でステージの大きさと美しさは一見の価値あり。 (30 Lafayette Ave., Brooklyn, NY / bam.org)

♪その他の会場
BRIC Brooklyn (647 Fulton St., Brooklyn, NY / bricartsmedia.org)
92nd Y (1395 Lexington Ave. / 92y.org) Symphony Space (2537 Broadway / symphonyspace.org)


オーケストラの情報を探すなら
ジャピオン以外の役立つ情報サイトをご紹介。


WQXR (www.wqxr.org)
クラシックミュージック専門ラジオ局。ウェブサイトでは、市内の最新コンサート情報から人気の演目についてまで幅広く解説している。

The New Yorker (newyorker.com)
「Going on」セクション内で「classical music」のコンサート情報をまとめている。カレンダー式の見た目なので使いやすい!

Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2019/03/22発行

巻頭特集
駐在家族が多く暮らす高級住宅地として知られる、...

   
Back Issue 2019
Back Issue 2018
利用規約に同意します