2017/03/03発行 ジャピオン905号掲載記事

体からのアプローチで心を変える
ヘルス 資格 語学

 劇団四季、ブロードウェーでダンサーとして活動してきた代表の石村友見さんが指導するヨガのプログラムやクラス。ヨガの技術だけでなく、一人の人間として幸せに生きるための「心と体の健康」を目指します。

 講師育成プログラムは、「全米ヨガアライアンス認定200時間アドバンスヨガ講師育成プログラム」(4000ドル、春季・秋季は2カ月、夏季は短期集中20日間)、「同100時間ベーシックヨガ講師育成修了書習得クラス」(2000ドル、春季・秋季は1カ月、夏季10日間)、「同85時間マタニティーヨガ育成プログラム」(2500ドル、夏季7日間)、「骨盤調整・資格発行プログラム」(750ドル、2日間)を提供。

 通常クラス(1回20ドル)は、「オープンクラス(月曜日午前11〜午後12時)、「産後ピラティス with お子さん」(月曜日午前11〜午後12時、水曜日午後12〜1時)、「マタニティークラス」(水曜日午前11〜午後12時)を開講。火、木曜日にはライブ動画での指導も行う。

ヨガは先人たちが残してくれた「生きる技術」の集大成です。講師である前に「人間として幸せであること」を目指します。(BodyTone Yoga New York代表・石村友見)

講師養成プログラム授業風景。全米ヨガアライアンス認定資格取得のために真剣に取り組む参加者
講師養成プログラムは日本からの参加者も多い。写真は夏季プログラム参加者が一堂に会しタイムズスクエアで撮影した写真

クラス情報
【入学期間】レギュラークラスは常時。講師養成プログラムは春季は3〜4月、夏期は7月、秋季は9月〜10月
【取得資格】全米ヨガアライアンス認定資格
特典 無料見学
ジャピオン読者限定で無料相談(10分)「ヨガ講師育成プログラム」の無料見学を実施。「骨盤調整・資格発行プログラム」を入学日の2カ月前までに申し込むと最大300ドル割引。

《 目次へ戻る

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2019/03/15発行

巻頭特集
ニューヨークでは地ビールブームが続く。今回は、...

   
Back Issue 2019
Back Issue 2018
利用規約に同意します