2018/09/14発行 ジャピオン984号掲載記事

不妊治療|MIDTOWN


最先端の生殖医療
個々に合わせたプラン提供

グローバル不妊治療センター
アメリカ生殖補助技術学会の会長も務めたケビン・ドゥーディー博士が主任科学者として在籍する、不妊治療、生殖補助医療(ART)専門のクリニック。着床前遺伝子診断、「Effortless IVF」などの生殖補助医療技術を提供。手術室、胚培養室(ラボ)を完備し、凍結卵や受精卵の長期の保存管理が可能。

患者個々に合わせた医療を提供するため、パーソナリティーや既往歴、ライフスタイル、宗教なども考慮して、治療方法とプランをカスタマイズ。また「仕事を続けながら治療できる」をモットーにしていて、スケジュールもフレキシブルに対応してくれる。同院は、「看護士が個々のニーズに合わせ、ケースをマネジメントし、きめ細かいサービスを実現しています」としている。


984-Global-Fertility-&-Genetics_1
984-Global-Fertility-&-Genetics_2

こんな人に受けて欲しい

不妊に悩んでいる人はもちろん、今はご結婚や出産予定はないが、将来の妊娠に備えて卵子の凍結保存に興味のある人もぜひご相談ください。


Global Fertility & Genetics
115 E. 57th St., Suite 420 & 430
(bet. Lexington & Park Aves.)
TEL: 212-381-9558 (日本語、Option #9)
www.globalfertility.net

要予約 クレジットカード メディケア 医療保険



《 目次へ戻る

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2019/03/15発行

巻頭特集
ニューヨークでは地ビールブームが続く。今回は、...

   
Back Issue 2019
Back Issue 2018
利用規約に同意します