2016/11/18発行 ジャピオン891号掲載記事

スペシャリストに聞く

③医療保険の購入

今月のテーマ:米国の医療保険制度

文化、習慣、法律も違う海外で暮らす上で頼りになるのはスペシャリスト。日常生活を送る上で必要となる、また気になるテーマについて、さまざまなジャンルのスペシャリストたちに話を聞く。

「マーケットプレイス」には毎年新しいプランが出てくるので、すでに加入している人も再度比較検討してベターなプランを選ぼう。また、メディケイドに該当しない人のための「エッセンシャルプラン」についても聞いた。


「オバマケア」はどんな目的のものですか?

 「Patient Protection and Affordable Care Act(通称オバマケア)」は、2013年3月13日に成立した、包括的な医療保険制度改革の法律です。保険料の支払いが困難な低・中所得者に補助を行うことにより、より多くの国民が医療保険に加入できるようにすることが目的です。


「マーケットプレイス」とは?

 「マーケットプレイス」とはウェブサイト上で、個人や小規模企業が民間医療保険プランを直接比較・購入することができる医療保険購入制度です。毎年設定された数カ月間の申請受付期間内に保険に加入しなければなりません。

 ただし、申請受付期間を過ぎてから来米したり、結婚・離婚、出産などで家族の人数が変わったり、他州へ引っ越したり、失業や倒産などによってそれまで入っていた医療保険がなくなったなどという場合は、それから60日以内であれば、「マーケットプレイス」のプランを申請できます。

 マーケットプレイスのウェブサイトは居住の州ごとに用意されています。用意されていない州に関しては連邦政府のマーケットプレイス用ウェブサイトを利用します。


「クオリファイド・ヘルス・プラン(QHP)」とは?

 QHPとは政府の基準や必要条件を満たし、認可された、マーケットプレイス内のヘルス・プランのことで、左記の項目を保証しています。

 外来サービス、処方箋薬、救急サービス、リハビリに関するサービスと医療器具、入院、ラボサービス、妊娠に関するケアと新生児のケア、予防に関するサービスと慢性疾患の管理、精神疾患や薬物乱用に関するサービス(セラピーを含む)、小児科に関するサービス(口蓋、眼科ケア含む)、女性特有の検診(妊娠やマンモグラフィー)などです。

 既往症がある人に対する加入拒否や保険料値上げは禁止されています。


マーケットプレイスの医療保険にはどのような選択肢がありますか?

 各保険会社ともプレミアム(月額の保険料)が安い順に、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナの4タイプのプランを提供しています。

 加入できるプランは居住地域により異なりますが、ニューヨーク市の場合は、毎月のかけ金は350ドルから1000ドルほどになります。

 ブロンズは、掛け金は安いですが自己負担額(ディダクタブル)が大きく、プラチナは掛け金が700〜800ドル(要確認)と高い代わりに自己負担額はないに等しく、月々の掛け金以上支払う必要がほとんどありません。

 このほか、29歳以下の人を対象とした「カタストロフィックプラン」という、さらに購入しやすい保険が設けられています。 


「エッセンシャルプラン」とは?

 2016年度から開始したニューヨーク州の公的医療保険で、メディケイドに該当しない低所得者(連邦貧困レベル138〜200%)に提供されます。年間ディダクタブル(自己負担額)なし、月々の掛け金が1人0〜20ドルで加入できます。またファミリードクターにかかる際にも0〜15ドルと安価な金額で診てもらうことがでます。

 詳細はニューヨーク州マーケットプレイスのサイト、もしくはジャシーのウェブサイトにて収入が該当するかご確認ください。

【連邦政府のウェブサイト(ニュージャージー州、バージニア州含む)】
www.healthcare.gov
【ニューヨーク州】
www.nystateofhealth.ny.gov
【コネティカット州】
www.accesshealthct.com
【マサチューセッツ州】
www.mahealthconnector.org
【ワシントンDC】
www.dchealthlink.com


どんな点を考慮してプランを選べばいいですか。

 若くて健康で、病気にかかるリスクが低いと思われる方はブロンズかシルバーを、高齢の方や糖尿病などの持病があったりコレステロール値が高いなど、あらかじめ医療費がかかることが分かっている人は、年間の医療費のトータルで考えると掛け金が高いゴールドやプラチナを選んだほうが安くなる可能性があります。年間、どのくらい医療にお金を使うかを考えて選んでください。

〈おことわり〉
 当非営利団体は記事内容に関して一切の責任を負いかねます。詳細は各専門家にご相談ください。


スクリーンショット 2016-11-03 17.37.14

中曜子さん

非営利福祉団体、日米ソーシャルサービス/ジャシー(Japanese American Social Services, Inc./JASSI)のソーシャルワーカー。日本人の当地での生活の質の向上のため、日常生活の悩みの相談に応じた秘密厳守のもと福祉サービスを提供。NY州認定保険カウンセラー(CAC)としてオバマケアの相談、申請手続きも提供行う。

JASSI(日米ソーシャルサービス)
JapaneseAmericanSocial Services, Inc.

TEL
347-482-1541
WEB
http://www.jassi.org

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画