2016/01/08発行 ジャピオン846号掲載記事

スペシャリストに聞く

②ファイリングステータス

今月のテーマ:タックスリターン

文化、習慣、法律も違う海外で暮らす上で頼りになるのはスペシャリスト。日常生活を送る上で必要となる、また気になるテーマについて、さまざまなジャンルのスペシャリストたちに話を聞く。

今回は「ファイリングステータス」と控除の種類について聞いた。複数のファイリングステータスに当てはまる場合は、最も税額が低くなるステータスを選んでタックスリターンを行うことができる。


「ファイリングステータス」とは?

 タックスリターン(確定申告)を行う際、最初のステップとなるのがファイリングステータスの選択です。

 具体的には、「Single(独身)」「Married Filing Jointly(夫婦合算申告)」「Married Filing Separately(夫婦別申告)」「Head of Household(世帯主)」「Qualifying Widow(er) with Dependent Child(寡婦、寡夫)」の五つのファイリングステータスがあり、この中から選択します。

 世帯主の典型的な例は、離婚して子供を扶養しているようなケースです。また、結婚ステータスは、その年の最後の日のステータスがその1年間の結婚ステータスとなります。

 ファイリングステータスによって、タックスリターンの要件や控除の方法、タックスクレジットなどが変わります。複数のステータスに当てはまる場合は、その中から税金が最も低くなるステータスを選んでタックスリターンを行ってください。


定額控除(standard deduction)、および項目別控除(itemized deduction)について教えてください。

 定額控除の場合は、個人、または夫婦ごとに、所得から一定額が控除されます。2015年の控除額は、独身=6300ドル、夫婦合算=1万2600ドル、世帯主=9250ドルです。

 一方、税法上認められている6項目の実額を合計した控除の額が定額控除の額を上回る場合には、項目別控除を選択することができます。

 項目別控除の対象となるのは医療費、諸税金(固定資産税、州・市・外国所得税など)、支払利子(住宅ローンやホームエクイティーローン)、寄付金、災害などから発生する損失控除などです。


個人事業主の場合の控除について教えてください。

 個人事業主の場合は控除ではなく、課税対象となる事業収入から事業経費を差し引いて事業所得を計算します。この事業所得に対して課税されます。

 個人事業主のタックスリターンに関しては、次回詳しくご説明します。


合算申告(joint return)について教えてください。

 合算申告とは、夫婦が一つのタックスファイリングで所得税の申告を行うことです。一般的に合算申告の方が税額が低くなりますが、夫婦共に高額の収入を得ている場合は、総収入が高くなり、税率も高くなるので、別々に申告した方が税率が低くなる場合があり、結果的に税額も低くなる可能性があります。

 合算申告の場合は、夫婦2人の収入を合計して申告を行います。通常、定額控除が適用されますが、不動産の所有、モーゲージの支払い、慈善団体への寄付、仕事に関する支出で雇用主から清算してもらえない経費などがあり、これらの合計が定額控除の金額を上回る場合は、「スケジュールA(項目別控除)」で所得税の申告を行うことも可能です。


人的控除(personal exemption)が認められるのはどのような場合ですか?

 収入がないか、または少ない身内(通常は子供、父母、親戚)の生活費の50%以上をサポートしている場合は、タックスリターンの際にその人を扶養家族(dependent)として申告することにより、人的控除を受けることができます。

〈おことわり〉
 記事内容に関して当会計士事務所は一切の責任を負いかねます。詳細は各会計士にご相談ください。


スクリーンショット 2015-12-31 23.24.25

エドワード原公認会計士

ニューヨーク大学卒業後、ニューヨーク州公認会計士となる。1994年に、原公認会計事務所を引き継ぎ、個人・企業の会計・税務で35年以上の経験を持つ。米国公認会計士協会会員。

CPA Office of George Y. Hara, Inc.

TEL
212-687-7886
MAIL
ed@haracpa.com
WEB
http://www.haracpa.com
MAP
501 5th Ave., Suite 2009 (bet. 41st & 42nd Sts.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画