2015/11/20発行 ジャピオン840号掲載記事

スペシャリストに聞く

③スポンサー企業

今月のテーマ:H1Bビザ

文化、習慣、法律も違う海外で暮らす上で頼りになるのはスペシャリスト。日常生活を送る上で必要となる、また気になるテーマについて、さまざまなジャンルのスペシャリストたちに話を聞く。

H1Bビザを取得することは年々難しくなっている。特に、従業員が10人以下の企業に対する移民帰化局の審査が厳しいという。では、確実に人材を雇用するにはどうしたらいいだろうか。


小企業がスポンサーの場合は、特にH1Bビザが認可されにくいと聞きました。

 その通りです。H1Bビザの審査は年々厳しくなってきており、法律には企業規模に関する規定はないにもかかわらず、現実には、移民帰化局は小企業には専門職を雇用する必要がないと判断する傾向があり、従業員が10人以下の企業に対して追加書類の提出を求めるようになっています。

 その申請者を雇用しなければならないほど専門的な仕事があることを証明するように求められたり、場合によっては職場の写真を提出するように求められるケースもあります。

 また、H1Bビザを発給した後も、申請内容と実際の仕事に違いがないかどうか、抜き打ちでサイトビジット(移民帰化局の職員が実際に職場を訪れて行う査察)を実施するケースも増えています。


H1Bビザのスポンサーになれる企業の条件は?

 専門職(パートタイムでも可)を雇用する必要があり、その職種に応じた賃金を支払うことができる企業であればスポンサーになることができます。


認可を受けるのが難しい職種や学位(ディグリー)はありますか?

 企業の規模、業種、職種、大学の学位によってH1Bビザの認可を受けやすいかどうかが変わります。通常、政治学、文学、哲学、リベラルアートなどのディグリーでは職種との関連性を証明するのが難しいです。また業種では、一般的に、レストラン、大学卒のディグリーを持つ専門職が必要であると移民帰化局を説得するのは難しいです。ただしレストランでも、チェーン展開をしているような規模が大きい企業の場合は認可されやすいです。

 例えば、会計事務所が会計士を雇用する場合は、大学の学位と職種との関係性がはっきりしているので認可を受けやすいです。


H1Bビザを申請せずに、永住権を申請することは可能ですか?

 永住権は、H1Bビザで数年働いてからでなければ、雇用主にスポンサーになってもらって申請することができないと考えている人が多いですが、永住権は「ビザ免除プログラム(Visa Waiver program/VWP, ESTA)」で入国したツーリストを除き、合法的なステータスを保持している場合、または海外に居住している場合でも申請をすることができます。

 従って、OPTからすぐに永住権を申請することも可能です。しかも、日本人が雇用を通じて申請する場合は申請開始から1年ほどで永住権を取得することができ、場合によってはH1Bステータスでの就労開始時期よりも早く取得できることがあります。

 認可される可能性が低いにもかかわらず、H1Bビザ申請にコストや時間をかけなければならないことを考えると、雇用主にとっても、OPTからすぐに永住権を申請するのは非常に合理的な方法だと言えます。

 現在OPTで働いている人は、雇用主に永住権のスポンサーになってもらうことを打診してみてもいいかもしれません。ただし、雇用主がその人の能力を高く評価していることが必要なので、OPTで働き始めたばかりでは雇用主を説得するのは難しいでしょう。OPTから永住権を申請する場合は、タイミングが非常に重要になります。

〈おことわり〉
 当弁護士事務所は記事内容に関して一切の責任を負いかねます。詳細は各専門の弁護士にご相談ください。


スクリーンショット 2015-11-26 23.24.49

ピーター・トーベン・ジェンセン

コロンビア大学ロースクール卒業。大手法律事務所に勤務後、1996年にジェンセン&ジェンセン法律事務所を設立。ミッドタウンにオフィスを構え、非移民ビザや永住権申請、会社設立、雇用法、ビジネス、投資家の相談など、移民法に関連した幅広いニーズに対応。

Jensen & Jensen PLLC

TEL
212-737-5800
MAIL
ptjensen@jensenlaw.com
WEB
http://www.jensenlaw.com
MAP
1212 Avenue of the Americas, 16th Fl. (bet. 47th & 48th Sts.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画