口座の開設

銀行口座を開設しよう

 アメリカで生活する上で欠かせない銀行口座開設。さらにATM機能、オンラインバンキングやスマートフォンの活用など、アメリカの銀行を賢く使いこなす方法を紹介する。

チェッキングアカウント

 米国での生活では家賃や各種公共料金、クレジットカードの支払いなどをパーソナルチェック(個人用小切手)で支払うことが多い。

 チェックの使用を可能にするには、銀行でチェッキングアカウントを開設すること。通常、州発行の身分証明書(運転免許証やIDカード)とソーシャル・セキュリティ・ナンバーの提示が必要となる。

 銀行によっては来米後間もない外国人のために、パスポートと日本の運転免許証の提示で口座が開けるところもある。

 チェッキングアカウントでの決められた最低入金額、月々の手数料、1カ月に発行できるチェックの枚数などは銀行ごとに異なる。日本でいう普通預金口座にあたるセービングアカウントと連結しているものや、学生やシニア向けに手数料の安いプラン、給与や年金を直接指定の口座に振り込むダイレクトデポジットを利用すると、手数料が無料になるなどの特典を用意している場合もある。また、通常チェッキングアカウントに利子が付かないが、一定額以上の残高を維持することで利子の付くプランもある。

 利用の際は残高を超えてチェックを切らないこと。チェックが不渡りになると、「オーバードラフトフィー」と呼ばれる手数料を払うことになる。また、何度も不渡りチェックを発行すると、クレジットヒストリーに「バッドレコード」が記録され、ローン申請やクレジットカード取得の際に支障が出ることもある。

 不注意による不渡り防止システムとして、「オーバードラフトプロテクション」やセービングから自動的に不足分を移動させるサービスもある。

セービングを賢く利用

 貯蓄を目的として開設する口座は、大きく分けて2種類、いつでも自由に資金の出し入れができるセービングアカウントと、日本の定期預金と同様、一定期間の出し入れが制限されるタイムデポジットがある。

 後者の最大の特徴は、セービングアカウントが変動金利であるのに対し、固定金利になっており、金利そのものもセービングアカウントに比べ高めに設定されていることだ。また、マネーマーケットアカウント(MMA)という、通常のセービング同様自由に出し入れができるが、金利がセービングより高くなるものもある。ただし、最低入金額が高く設定されている場合もあり、口座開設にあたり、まとまった資金が必要となるのが一般的だ。

(記事はNYジャピオンの既出の記事の内容をまとめたものです。記事は一般概念ですので、個々よってケースが異なる場合があります。問題が生じた場合、弊社は責任を負いかねますのでご了承ください。質問、詳細に関しては各機関、各専門家にお問い合わせください。)


NYジャピオン 1分動画