各種ビザ

ビザ(査証)について

 ビザ(査証)とビザスタンプは同じものを指す。ビザは米国を出入国するために必要な渡航許可のこと。ステータスとは米国での滞在または就労許可を意味する。
 通常、米国に入国の際に発行される「I-94」、または入国後に移民局を通じて新しく取得した「I-94」がステータスの期限となる。ここでは、各種ビザの種類と対象となる人の渡航目的などを紹介する。

A-1=大使、行使や外交官,及びその家族に対して発給
A-2=A-1以外の外国政府職員、公務員とその家族
A-3=A-1、A-2の付添い人、従者とその家族が対象と

B-1=短期商用
B-2=短期観光用

C=通過ビザで、アメリカ合衆国経由でほかの国に旅行する場合に必要です。ただし、日本人旅行者の場合は、90日未満の旅行であれば、通常はどちらのビザも取得する必要はありません。

D=「クル-ビザ」と呼ばれるもので、アメリカに入港、着陸する船舶や飛行機の乗務員に発給

E-1=貿易駐在員
E-2=投資駐在員

F-1=学生ビザ

G=「国際機関」ビザ。アメリカ合衆国の承認政府の代表として、公務でアメリカに入国する人が対象。国連を含むアメリカ合衆国承認国際機関での任務に当たる人にはG-4が発給される

H=一般的に就労ビザといわれるが、その職により種類がいくつかある、
H-1B=専門職及びファッションモデルに発給
H-2A=一時的あるいは季節的に農業に従事する人が対象
H-2B=一時的、季節的に農業以外の仕事をするために入国する人が対象
H-3=日本では受けることのできないトレーニングを目的とした研修生に対して発給される
H-4=各種Hビザをを持つ人の家族に発給される

I=アメリカ合衆国内で報道活動に従事する外国人ジャ-ナリストや報道関係者に発給される

J-1=交換留学生・職業訓練生が対象。教育機関やそのほかの非営利機関公認のプログラムで、来米する場合に必要。このプログラムの対象は学生、レジデントまたはインターンとして来米する医学生、客員教授として大学から招聘される学者、一部の企業研修生など
J-2=J-1を持っている人の家族が対象

K-1=婚約者ビザ。アメリカ合衆国市民と婚約、アメリカ合衆国に入国する際、また結婚した後に、引き続き国内に滞在を希望する場合に発給される
K-2=K-1の21歳未満の未婚の子供に発給される
K-3=既婚者ビザ。アメリカ合衆国市民と既に結婚している外国人が対象。永住権取得申請のプロセスを待つ間にアメリカ国内に滞在するために発給される

L=企業内転勤ビザ。国際企業に属し、転勤のために来米して管理職に就く人や、専門知識を有する人が対象
M=職業訓練校や専門学校の課程を履修することを唯一の目的として、一時的にアメリカ合衆国内に入国する学生が対象

N=一定の条件の下で特別移民として永住権を取得した場合、その子どもと両親に発給される

O-1=科学、芸術、教育、事業、スポ-ツにおける、卓越した能力の持ち主や、映画・テレビ制作において卓越した業績を挙げた人に発給される
O-2=O-1保持者の補助的業務を行い、アメリカ国内には存在しない技能と経験を有するサポートスタッフが対象
O-3=O-1、O-2保持者の家族が対象

P-1=特定の運動選手、芸能人、芸術家、及び必須補助要員が対象。個人だけではなく、団体の功績によって、団体自体も対象となる。
P-2=アメリカあるいは、ほかの複数の外国との間の相互交流訪問プログラムに基づいて、アメリカの、一つまたは複数の団体との短期交流や芸能活動のために来米する芸術家、芸能人が対象
P-3=独自の文化的な内容のプログラムで公演・訓練・指導を行なう個人、または団体の芸術

家や芸能人が対象

Q-1=申請者が国籍を有する国の、歴史・文化・伝統の普及を目的とした、司法長官指定の国際文化交流プログラムに参加する場合に発給される。

R=正統な非営利宗教団体、または宗派・教派の活動を行なうことだけを目的にアメリカ合衆国を訪れる外国人が対象

S=犯罪やテロの実行犯の逮捕につながる政府の捜査のために、アメリカ合衆国内に滞在する必要がある人に発給される

T=人身売買の犠牲者に発給され

U=犯罪の犠牲者に発給される

V=永住権保持者の配偶者と、その21歳未満の未婚の子供に発給される

(記事はNYジャピオンの既出の記事の内容をまとめたものです。問題が生じた場合、弊社は責任を負いかねますのでご了承ください。質問、詳細に関しては各機関、各専門家にお問い合わせください。)



NYジャピオン 1分動画