2017/02/03発行 ジャピオン901号掲載記事

ニッキー香月ののびのび母乳育児

卒乳時に大切なこと

 母乳育児を徐々に終えることを「卒乳」といい、急にやめてしまうことを「断乳」といいます。断乳すると、お母さんの体内のホルモンバランスが乱れるので、体調を崩したり、突然やめてしまったという後悔の気持ちが残ったり、乳腺炎や乳管閉塞の原因を作ったりするので、おすすめできません。突然授乳をやめることで乳腺に母乳が残るのが心配で、日本特有の乳房マッサージを誰かにしてもらったとしても、その後母乳はまた新たに作られますから、乳腺に溜まった母乳を一回で取り出すことは不可能です。お子さんにとっても、今まで大好きなお母さんのおっぱいを飲んでいたのに、それを突然やめてしまうということは、相当な精神的な負担になります。その結果、不安で夜中に何度も起きたり、短時間お母さんと離れるだけでも号泣したり、今まで興味がなかったブランケットやぬいぐるみに固執したりすることもあります。

 いずれにしても、母乳育児を終える際に大切なことは、終える理由がはっきりしていることです。そして、卒乳への段階を踏み始めたとしても、何らかの理由でうまくいかないときは、焦らず、もう一度母乳育児を再開してもよいくらいの気持ちの余裕を持つことです。

ニッキー香月
Nikki (Naoko) Katsuki

米国・国際認定ラクテーション・コンサルタント(CLC, IBCLC)、栄養士。​​NYラクテーション協会メンバー。産後訪問母乳ケア(保険適用可)、母乳育児・離乳食・食の安全・卒乳の定期セミナー開催(日本語)。一児の母。
TEL: 718-926-6074www.vitalchoice.weebly.com

産後の授乳トラブル?:「訪問母乳ケア」

ご自宅で、授乳の際の赤ちゃんの抱き方・乳首のくわえ方を実践指導します。他に、乳頭痛改善、一日の授乳スケジュール、母乳量の増やし方、フォーミュラの減らし方、乳房ケア、乳腺炎予防、搾乳方法など。保険、訪問区域については上記までお問い合わせください。

次回のセミナー開催予定(ミッドタウン)

「ヘルシーベイビーセミナー:離乳食×食の安全×卒乳」2017年3月19日(日)11am~1pm、「妊婦さんのための母乳育児講座」同日2~4pm。会場はミッドタウン。詳細、申込み:  www.vitalchoice.weebly.com

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント