2017/01/20発行 ジャピオン899号掲載記事

ニッキー香月ののびのび母乳育児

赤ちゃんの口の開きと乳首の大きさ

 赤ちゃんの口に乳首を含ませての直接授乳は、赤ちゃんに乳輪部分まで深くくわえてもらうのが理想ですよね。ただ、まれにですが、赤ちゃんの口の開き具合と、お母さんの乳首の大きさが合わない、英語で「poor fit」といわれるケースがあります。未熟児や低体重児で生まれた場合も、赤ちゃんの口の開きが小さい場合が多々あります。それに加えて、お母さんの乳首が大きいと、赤ちゃんにとってはくわえることがなかなか難しいものになります。

 そういったとき、お母さんたちは母乳育児をあきらめてしまいがちですが、それはちょっと待ってください。直接授乳が無理なら、母乳生産量が低下しないように、当分の間は毎日定期的に搾乳機で搾乳し、それを赤ちゃんにボトルで飲ませることをおすすめします。

 そしてそれと同時に、無理のない程度に、毎日数回でいいので直接授乳もトライしていきます。幸いなことに、生後1カ月間の赤ちゃんの成長はめまぐるしいほどに速いので、成長するにしたがって大きく口を開けるようになります。ですので、近い将来、お母さんの乳首を上手にくわえてくれる日がきっと来るでしょう。

ニッキー香月
Nikki (Naoko) Katsuki

米国・国際認定ラクテーション・コンサルタント(CLC, IBCLC)、栄養士。​​NYラクテーション協会メンバー。産後訪問母乳ケア(保険適用可)、母乳育児・離乳食・食の安全・卒乳の定期セミナー開催(日本語)。一児の母。
TEL: 718-926-6074www.vitalchoice.weebly.com

産後の授乳トラブル?:「訪問母乳ケア」

ご自宅で、授乳の際の赤ちゃんの抱き方・乳首のくわえ方を実践指導します。他に、乳頭痛改善、一日の授乳スケジュール、母乳量の増やし方、フォーミュラの減らし方、乳房ケア、乳腺炎予防、搾乳方法など。保険、訪問区域については上記までお問い合わせください。

次回のセミナー開催予定(ミッドタウン)

「ヘルシーベイビーセミナー:離乳食×食の安全×卒乳」2017年3月19日(日)11am~1pm、「妊婦さんのための母乳育児講座」同日2~4pm。会場はミッドタウン。詳細、申込み:  www.vitalchoice.weebly.com

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/09/14発行

巻頭特集
今回は、ヘルスケア&クリニックリストに関連して...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント