2017/01/13発行 ジャピオン898号掲載記事

ニッキー香月ののびのび母乳育児

妊娠中の母乳育児への意識

 アメリカでは、出産後すぐに母乳育児を開始するお母さんは全体の8割で、生後6カ月以降も継続するお母さんは全体の約5割だそうです。私が行っている産後の訪問母乳ケアでは、母乳育児で育てようと考え始めたのはいつ頃なのかを、お母さんたちにお聞きするようにしています。そうすると、国籍に関係なく、ほとんどの方が、「妊娠中期頃から」と答えられます。

 ただ、そう思いながらも、妊娠中から母乳育児について学んでいる人は意外に少ないのです。「母乳育児は、子供に吸わせていれば自然にうまくいくもの」と楽観視しているお母さんが、決して少なくありません。実際には、たくさんのお母さんが産後母乳のトラブルを抱えているわけです。

 言うまでもありませんが、妊娠中からラクテーションコンサルタントによる母乳育児教育を受け、産後の準備をしているお母さんは、そうでないお母さんに比べて、当然知識も豊富なら、意識も高くなります。そうしたお母さんは、母乳育児の利点だけでなく、起こり得る母乳のトラブルやその対処法も含め、母乳育児を現実的な視点で捉えることができているように思います。

ニッキー香月
Nikki (Naoko) Katsuki

米国・国際認定ラクテーション・コンサルタント(CLC, IBCLC)、栄養士。​​NYラクテーション協会メンバー。産後訪問母乳ケア(保険適用可)、母乳育児・離乳食・食の安全・卒乳の定期セミナー開催(日本語)。一児の母。
TEL: 718-926-6074www.vitalchoice.weebly.com

産後の授乳トラブル?:「訪問母乳ケア」

ご自宅で、授乳の際の赤ちゃんの抱き方・乳首のくわえ方を実践指導します。他に、乳頭痛改善、一日の授乳スケジュール、母乳量の増やし方、フォーミュラの減らし方、乳房ケア、乳腺炎予防、搾乳方法など。保険、訪問区域については上記までお問い合わせください。

次回のセミナー開催予定(ミッドタウン)

「ヘルシーベイビーセミナー:離乳食×食の安全×卒乳」2017年3月19日(日)11am~1pm、「妊婦さんのための母乳育児講座」同日2~4pm。会場はミッドタウン。詳細、申込み:  www.vitalchoice.weebly.com

NYジャピオン 1分動画