2016/12/02発行 ジャピオン893号掲載記事

ニッキー香月ののびのび母乳育児

抱っこは親子の最高の触れ合い

 「オムツも換えたばかり、おっぱいもさっきあげた。眠そうにしている感じでもないのに、うちの子はどうしてぐずっているのかしら?」という経験はありませんか? そんなとき、「抱っこしようかな、でも抱き癖がつくといけないし…。どうしたらいいのかしら」といろいろ考えますよね。

 日本でもアメリカでも、抱き癖がつくからという理由で、赤ちゃんが泣いても抱き上げずにそのまま泣かせておく方がよい、と言われていた時代もありました。しかし、今はその真逆です。泣いている赤ちゃんを抱っこしてあげることに、多くのベネフィットがあることが証明されているのです。

 赤ちゃんは、言葉を使って話すことができないので、機嫌が悪いときなど、泣くことで自分の不快な感情を人に伝えようとします。そして、親御さんがその都度その訴えに応えていくことで、親子間の愛情が深まり、次第に信頼関係が生まれ、赤ちゃんが情緒の安定した子供へと成長していくのです。また、抱っこすることにより、肌と肌が触れ合うと、お母さんの体内で「オキシトシン」という母乳ホルモンの産生が促されます。“抱っこ育児”は、母乳育児を軌道に乗せることにもつながるのです。

ニッキー香月
Nikki (Naoko) Katsuki

米国・国際認定ラクテーション・コンサルタント(CLC, IBCLC)、栄養士。​​NYラクテーション協会メンバー。産後訪問母乳ケア(保険適用可)、母乳育児・離乳食・食の安全・卒乳の定期セミナー開催(日本語)。一児の母。
TEL: 718-926-6074www.vitalchoice.weebly.com

産後の授乳トラブル?:「訪問母乳ケア」

ご自宅で、授乳の際の赤ちゃんの抱き方・乳首のくわえ方を実践指導します。他に、乳頭痛改善、一日の授乳スケジュール、母乳量の増やし方、フォーミュラの減らし方、乳房ケア、乳腺炎予防、搾乳方法など。保険、訪問区域については上記までお問い合わせください。

次回のセミナー開催予定(ミッドタウン)

「ヘルシーベイビーセミナー:離乳食×食の安全×卒乳」2017年1月15日(日)11am~1pm、「妊婦さんのための母乳育児講座」同日2~4pm。会場はミッドタウン。詳細、申込み:  www.vitalchoice.weebly.com

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント