2016/11/18発行 ジャピオン891号掲載記事

ニッキー香月ののびのび母乳育児

赤ちゃんのよだれ

 生後3カ月以降になると、赤ちゃんはよだれを頻繁に出すようになります。よだれ掛けをしていないと、服がびしょびしょになることもよくありますよね。このよだれは、近い将来歯が生えてくることと関係しています。一般的に、歯が生えるのは生後6カ月以降ですが、3カ月ごろになるとすでに、歯茎の下にこれから生えてこようと待機している歯があり、唾液腺を刺激し始めるのです。

 よだれ(唾液)には、さまざまな働きがあります。まず、よだれに含まれる消化酵素は、母乳や離乳食の消化を助けるだけでなく、赤ちゃんのお腹で胃酸を中和させたり、腸内の粘膜を発達させたりといった役割を持ちます。赤ちゃんは飲んだものをよく吐き戻すので、食道の粘膜が荒れることがありますが、よだれが出ることで荒れが緩和されます。よだれがたくさん出てくる月齢に達すると、それまで頻繁に泣いていた赤ちゃんの機嫌が良くなった、という話を聞かれる方もいるかと思います。それは、よだれによってさまざまな消化器系の症状が和らぐことが、理由の一つとも考えられています。

 このように、よだれが出ることは、赤ちゃんにとってとても大切な生理現象なのです。

ニッキー香月
Nikki (Naoko) Katsuki

米国・国際認定ラクテーション・コンサルタント(CLC, IBCLC)、栄養士。​​NYラクテーション協会メンバー。産後訪問母乳ケア(保険適用可)、母乳育児・離乳食・食の安全・卒乳の定期セミナー開催(日本語)。一児の母。
TEL: 718-926-6074www.vitalchoice.weebly.com

産後の授乳トラブル?:「訪問母乳ケア」

ご自宅で、授乳の際の赤ちゃんの抱き方・乳首のくわえ方を実践指導します。他に、乳頭痛改善、一日の授乳スケジュール、母乳量の増やし方、フォーミュラの減らし方、乳房ケア、乳腺炎予防、搾乳方法など。保険、訪問区域については上記までお問い合わせください。

次回のセミナー開催予定(ミッドタウン)

「ヘルシーベイビーセミナー:離乳食×食の安全×卒乳」2017年1月15日(日)11am~1pm、「妊婦さんのための母乳育児講座」同日2~4pm。会場はミッドタウン。詳細、申込み:  www.vitalchoice.weebly.com

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント