2016/10/14発行 ジャピオン886号掲載記事

ニッキー香月ののびのび母乳育児

オムツ交換の大変さ

 妊娠・出産の後は、休む暇なくノンストップで育児というステージが待っていますね。その中で、赤ちゃんのオムツ交換という日々の仕事もあります。親御さんたちは毎日、昼も夜も相当の時間をオムツ交換に費やされていることと思います。生まれたての赤ちゃんは、それほどおしっこやうんちをしませんが、生後約1週間をかけて、オムツ交換の回数は徐々に増えていきます。

 夜間は、お母さんもお父さんも少しでも休みたいし、寝たいですよね。それでも、赤ちゃんのオムツがぬれているかどうか、頻繁に起きてチェックされている親御さんたちもたくさんおられるようです。

 ただ一般的には、母乳を飲んで育っている赤ちゃんには、あまりオムツかぶれが起こらないといわれています。その一番の理由は、お母さんからもらう母乳は消化・吸収がいいからです。

 ですから、赤ちゃんがぬれたオムツに敏感になっていたり、おしっこやうんちがオムツからはみ出そうになっているとき以外は、お父さん、お母さんもすぐに換えなければと焦らずに、ぬれてからしばらく時間を置いても大丈夫です。

ニッキー香月
Nikki (Naoko) Katsuki

米国・国際認定ラクテーション・コンサルタント(CLC, IBCLC)、栄養士。​​NYラクテーション協会メンバー。産後訪問母乳ケア(保険適用可)、母乳育児・離乳食・食の安全・卒乳の定期セミナー開催(日本語)。一児の母。
TEL: 718-926-6074www.vitalchoice.weebly.com

産後の授乳トラブル?:「訪問母乳ケア」

ご自宅で、授乳の際の赤ちゃんの抱き方・乳首のくわえ方を実践指導します。他に、乳頭痛改善、一日の授乳スケジュール、母乳量の増やし方、フォーミュラの減らし方、乳房ケア、乳腺炎予防、搾乳方法など。保険、訪問区域については上記までお問い合わせください。

次回のセミナー開催予定(ミッドタウン)

「ヘルシーベイビーセミナー:離乳食×食の安全×卒乳」11月20日(日)11am~1pm、「妊婦さんのための母乳育児講座」同日、2~4pm。会場はミッドタウン。詳細、申込み: www.vitalchoice.weebly.com

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
バッグス・バニーやトムとジェリー、そしてディズ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント