2016/06/10発行 ジャピオン868号掲載記事

ニッキー香月ののびのび母乳育児

離乳食にぴったりのベルペッパー

 わたしたちが日常食べるベルペッパー(Bell Pepper)は、意外かもしれませんが、離乳食にとても適した食材です。何といっても栄養満点。各種ビタミン、特に免疫力アップのビタミンC、赤ちゃんの視力発達に欠かせないカロチノイドやフラボノイドなど、抗酸化物質も豊富に含みます。ベルペッパーには何種類かの色があります。緑、赤、黄、オレンジなどが最もよく見かけるもので、他にも、わたしはまだ見たことがありませんが、紫、茶、黒もあるそうです。緑と紫のベルペッパーは少し苦味がありますが、赤、黄、オレンジは甘みがあり、フルーツのような味わいです。もうお分かりと思いますが、離乳食に適しているのは、この赤、黄、オレンジです。

 調理するときの注意点を伝授しましょう。ビタミンCなどの水溶性ビタミンは、高温で長時間調理することによって破壊されやすいので、ベルペッパーも、ゆでて柔らかくなったらすぐに火からおろしましょう。また、表皮は消化されにくいので、離乳食を開始して初期のころは、沸騰した湯にくぐらせてから一度冷水につけ、手で皮をむいてから調理するとよいでしょう。(こうすると、簡単に皮がむけます。)

 ベルペッパーは、通常、生後6~7カ月からのお子さんの離乳食として試していただけます。1歳以降も、引き続き幼児食として強い味方になりますので、この優れた食材をぜひ活用していただきたいです。また、離乳食に使う量はほんの少しなので、使い切らなかったベルペッパーは、大人用のサラダに入れて食べてください。

ニッキー香月
Nikki (Naoko) Katsuki

米国・国際認定ラクテーション・コンサルタント(CLC, IBCLC)、栄養士。​​NYラクテーション協会メンバー。産後訪問母乳ケア(保険適用可)、母乳育児・離乳食・食の安全・卒乳の定期セミナー開催(日本語)。一児の母。
TEL: 718-926-6074www.vitalchoice.weebly.com

母乳に関する質問募集

7月17日(日)11am~1pm「ヘルシーベイビーセミナー:離乳食×食の安全×卒乳」、2~4pm「妊婦さんのための母乳育児講座」をミッドタウンで開催します。詳細、申込み: www.vitalchoice.weebly.com

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント