2016/06/03発行 ジャピオン867号掲載記事

ニッキー香月ののびのび母乳育児

母乳育児に熱心な「BFH」認定病院

 「Baby Friendly Hospital-BFH」という言葉をご存じですか? 直訳すれば、「赤ちゃんに優しい病院」となりますが、実はもっときちんとした定義があります。WHO(世界保健機関)とユニセフ(国連児童基金)が世界的規模で定めた、「母乳育児成功のための10カ条」があるのですが、その10カ条をすべて満たし、実践している、母乳育児に熱心な病院のことを指す言葉なのです。現在、世界134カ国で、約1万5000の病院がBFHの認定を受けています。ニューヨーク市では、マンハッタンのニューヨーク大学病院、ハーレム病院、ブロンクスのリンカーン病院、クイーンズのジャマイカ地区のクイーンズ病院の4病院が認定されています。

 ちなみに、この「母乳育児成功のための10カ条」の中に、次のような内容があります。▶︎医学的に必要がないのに、新生児に水分、糖水、人工乳(フォーミュラ)など、母乳以外のものを与えないこと、▶︎新生児と母親が1日24時間一緒に過ごせるように、母子同室にすること、▶︎分娩後30分以内に母乳を飲ませられるようサポートすること。

 そして、BFH認定病院のマタニティーケア医療従事者たちは、研修や勉強会を通じて、母乳育児の基本的知識を習得しています。入院中に分からないことがあれば、相談してください。お母さんと新生児が少しでもスムーズに母乳育児を始められるよう、これからもニューヨーク市内、ニューヨーク周辺地域で、さらに多くの病院がBFHに認定されること願っています。

ニッキー香月
Nikki (Naoko) Katsuki

米国・国際認定ラクテーション・コンサルタント(CLC, IBCLC)、栄養士。​​NYラクテーション協会メンバー。産後訪問母乳ケア(保険適用可)、母乳育児・離乳食・食の安全・卒乳の定期セミナー開催(日本語)。一児の母。
TEL: 718-926-6074www.vitalchoice.weebly.com

次回のセミナー参加者募集中

7月17日(日)11am~1pm「ヘルシーベイビーセミナー:離乳食×食の安全×卒乳」、2~4pm「妊婦さんのための母乳育児講座」をミッドタウンで開催します。詳細、申込み: www.vitalchoice.weebly.com

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント