2019/03/08発行 ジャピオン1009号掲載記事

025 体験型、世界初の子ども博物館

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。今週はクラウンハイツにある「Brooklyn Children’s Museum」です。

Brooklyn Children’s Museum
(ブルックリン・チルドレンズ・ミュージアム)

ブルックリンは、プロスペクトパークという広大な市民公園をはじめ、動物園、植物園、美術館、図書館と、自然と文化的施設の両方に恵まれています。その中でも、子供のいるファミリーにおすすめなのが「Brooklyn Children’s Museum」です。

創立から120年!

重厚なブラウンストーンの住宅が軒を連ねる、落ち着いた佇まいの歴史的なエリア、クラウンハイツ。同博物館の建物は、ここの一角でひときわ目立ちます。建築家ラファエル・ヴィニオリ氏による、鮮やかな黄色の屋根が目印です。

「ここは世界で最初にできた子供博物館です」と説明するのは、マネジャー・オブ・コミュニケーションズのウィンストン。創立は1899年。もとはビクトリア調の小さなマンション(邸宅)でしたが、1977年に建物が拡張され、2008年のリノベーションで2階部分も作られました。

対象年齢は乳児〜9歳ですが、中には11歳ぐらいの子供が楽しめる企画ものも。地下と2階を含む3フロアには水遊びや砂遊びコーナー、お店の疑似体験ができるコーナー、屋外コーナーなど子供たちが喜ぶ体験型の展示が連なり、1日中いても飽きません。

地球に優しい
「グリーン博物館」

環境にも優しい建物を目指していて、米国グリーンビルディング協議会(USGBC)による、LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)プログラムの認定も受けています。

「ニューヨーク市内で最初のグリーン博物館でもあるんですよ。地熱発電やソーラーパネルが導入されているし、床もリサイクルのタイヤで作られています」

入場料は一般11ドル、65歳以上10ドル、1歳未満は無料。また入場者が料金を決める提案価格の日は、毎週木曜の午後2〜6時と日曜の午後4〜7時。

ダンボには姉妹スポットで、アートや音楽クラス、ワークショップなどがあるサテライトスポット「Spark」(brooklynkids.org/spark)も(6カ月〜6歳が対象)。

1009_brooklyn_1

「子どものときにこんなの欲しかったな」と思うような、体験型展示物がたくさんある。「World Brooklyn」は、小さなブルックリンの街になっていて、子どもがお店ごっこの疑似体験ができる(写真は、実際に現存するピザ店「Spumoni Gardens」での様子)

1009_brooklyn_2

毎週末開催の「Animal Adventures」では珍しい動物と触れ合える(この日はアノール属のトカゲやヒトデが登場!)

1009_brooklyn_3n

ギフトショップで見つけたクッキングトイ(大$15.99、小$9.99)と、同博物館がテーマの絵本($10.95)

All photos ©️ Kasumi Abe(安部かすみ)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

特集
夏だけ入島できる特別なリゾートとして、ニューヨ...

   
Back Issue 2019
Back Issue 2018
利用規約に同意します