2014/12/19発行 ジャピオン793号掲載記事

心と体のメンテナンス

恋人依存(共依存)(前編)

育った環境、親の影響も DVに発展する可能性大

恋人依存とはどういう症状ですか?

恋人依存は「共依存」の一つです。近年よく使われるようになった言葉ではありますが、「共依存」という 診断名はありません。不安、うつ症状、睡眠障害を訴えてカウンセリングにみえる患者さんの話を聞いていると、そもそも共依存によってそうした症状が起きていることが多いです。

 アルコール依存や薬物依存、またはギャンブル依存などの場合は、その対象物に一方的に依存しますが、「共依存」の場合は相手があり、不健全な形で、文字どおりお互いに依存し合う状態を言います。一言で言うと「あなたの幸せは自分の責任、自分の幸せはあなたの責任」という、恋愛関係の中で起きる共依存が恋人依存です。

恋人依存の行動とは?

恋人や配偶者に「行かないでほしい。一緒にいて」という形の依存だけでなく、恋人に「行かないでほしい」と言わせる言動を意図的に取るのも依存と考えます。

 共依存の関係にある場合、自分が求められているというサインを見たいために、わざと相手に思わせぶりに「あの女性は素敵だ」とか、「あの男性かっこいい」などと言ってみたり、浮気のそぶりを見せたりすることがあります。また、最近、特に日本人に顕著に見られるのが、恋人や配偶者のテキストや、メールの通信記録の盗み見です。自分と一緒にいないとき、相手がどこで何をしているか、気になって仕方がなくなるがための行動です。

 こうした共依存関係がドメスティックバイオレンス(DV)に発展することもあります。

「恋人依存」になりやすい人の特徴は?

例えば、
▽自分に自信がない
▽自分と相手の境界線を認識できない
▽あなたがハッピーだったら私もハッピーと考えやすい
▽親との関係が健全ではない―などです。
また、ニューヨークでの極端な孤独感などをきっかけに発症する場合もあります。

恋人依存になる原因は何ですか。

共依存の人は、常に心の中にぽっかり空いた穴を持っているような状態なので、それを「外的な何か(誰か)」で満たそうとする傾向にあります。また、一般的に依存は、親同士や親子の不健全な関係から生まれることが多いため、次の世代に受け継がれていくことが多いのも特徴です。どこかでそれを断ち切らないと、同じような共依存的な恋愛や夫婦関係を繰り返してしまい、それを見て育つ子供も共依存傾向を持ちやすくなります。

日本人に特徴的な行動はありますか?

日本人は体面を気にし、自己犠牲を美化しやすいので、共依存がDVに発展していても相手をかばったり、家庭が崩壊寸前であっても、他人に対しては家庭内に何も問題がないように取り繕ったりすることが多いです。また、「この人を救えるのは自分しかいない」、「この人を理解できるのは私だけ」と考え、本来相手が取るべき責任をかぶったりして、結果的に相手をコントロールし始めます。

 アメリカに住んでいる人の場合、永住権が欲しくて現地の人と付き合うとか、相手も永住権をちらつかせて関係をコントロールしようとする、ということもあります。それで結婚できると、自分には結婚して永住権を手に入れてもらえるだけの価値があると思ってしまいます。こういうケースはDVに進みやすいです。

クリスマスは恋人依存がエスカレートしやすいですか?

そうです。アメリカでは、クリスマスは家族と過ごす日ですが、日本人の中には恋人と過ごす日という認識を持っている人も少なくありません。ところが恋人から「飲み会があるから」とか、「友達と買い物で…」などと言われると、期待を裏切られた気がしてしまいます。

 相手から求められているというサインを得たいのに、それを素直に口に出さず、相手の言動を操作しようと試みて、けんかになって別れてしまったり、また、求められていないことを認めたくないばかりに、相手をコントロールしようとする、という状況が生まれやすいのです。クリスマスやバレンタインデーは、恋人依存がエスカレートしやすい時期だといえるでしょう。

※ 次回は、恋人依存のケースや、カウンセリングのアプローチについて伺います。

   共依存スクリーニングテスト

   ①自分のことを二の次にし、家族や親しい人の世話をやく。
   ②家族や親しい人の考え方や振る舞いに干渉し、それを正そうとすることが多い。
   ③人に頼まれたり誘われたりしたとき、はっきりと断れない。
   ④時々他人の問題を自分のことのように感じる。
   ⑤自分の悲しみや怒りをその場で、表現するのが怖い。
   ⑥一人になったとき寂しくてたまらない。
   ⑦自分の本音を他人に知られるのが怖い。
   ⑧今自分に必要なものや、自分が本当に望んでいることがはっきり分からない。
   ⑨私は敗北者だと思う事がよくある。
   ⑩他人は私に失望している。
   など

   「www.family21.jp/test/scale.cgi」
   「恋人依存になりやすいタイプのチェックリスト」の一部。
   「その時の心理状態によって答えが変わることもあるので、
   参考程度にとどめ、どうしても気になる場合は専門家に相談を」と真壁さん。

6

真壁弘子さん
Hiroko Makabe, LCSW, CASAC

クリニカル・ソーシャルワーカー。メリーランド州立大学卒業、大学院修了。1995年からカウンセリングに携わり、2002~06年までボルチモア、ワシントンDCで、薬物/アルコール依存カウンセリングを集中的に行う。06年からニューヨーク勤務。依存症の他ほか、怒り、喪失・死別、DV、家族・対人関係、セクシャル性的マイノリティー、HIV/AIDS、法とのトラブルなどに対応。

TEL
718-930-2688
MAIL
hmakabelcsw@gmail.com
MAP
19 W. 34th St., PH (bet. 5th & 6th Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント