2019/01/18発行 ジャピオン1002号掲載記事

心と体のメンテナンス

鍼灸治療の疑問あれこれ(前編)

症状改善は原因究明がカギ 西洋医学併用で効果向上も

鍼灸(しんきゅう)治療について説明してください。

鍼灸は、漢方薬などとともに2000年以上も前に中国で生まれた伝統医療です。当然ですが、当時は現在のような薬もなければ、手術を行う技術も設備もなかったので、中国では長い間、体のあらゆる問題を鍼灸と漢方薬によって治療していたようです。

鍼灸という言葉自体は、体の経穴(けいけつ)、いわゆるツボを刺激する一連の施術を指します。皮膚に鍼を刺す方法がよく知られていますが、ほかにも艾(もぐさ)を燃やして熱でツボを刺激する方法もあれば、マッサージや電気刺激を組み合わせて使われることもあります。

アメリカでは、鍼灸治療はここ数十年間で広く知られるようになりました。例えば、患者の痛み緩和と予防のため、鍼灸治療を取り入れる医師や歯科医が増えているそうです。「薬を飲みたくない」「医師から手術を勧められたが、何とか回避したい」「手術や薬などの西洋医学的治療を試したが、十分な効果が得られなかった」などの理由で、鍼灸治療を受ける人もいます。


鍼灸治療が効く仕組みとは?

古代中国では、生命エネルギーの「気(き)」、血液を表す「血(けつ)」が体内を常に巡っており、その流れに異常が生じたときに病気が起こると考えられてきました。鍼灸治療は、この乱れた気の流れを整えることにより、体のエネルギーバランスを回復させ、自然治癒力を高めるとされています。体の不調を解消したい人はもちろん、健康維持と増進を目的に治療を続ける人もいます。

このような鍼灸治療の作用は、西洋医学では説明が難しいこともあります。そのため近年は、科学的に効果を解明する研究も進められています。


鍼灸治療はどのような問題に効果がありますか?

鍼灸治療は、心身のさまざまな症状や病気に有効です。ですが、頭痛、肩凝り、腰痛、関節炎、神経痛など、アメリカでは痛みの緩和と解消のために行われることが多く、高い治療効果を上げています。

同じ痛みでも、原因によって治療法は異なります。そのため、まずは患者の訴えを聞き、脈をとる脈診、舌を診る舌診、腹部を押す腹診によって体を調べ、原因を見つけます。

例えば、筋肉の緊張やけいれんが原因で痛みが起きている場合は、患部に鍼を刺し、筋肉をリラックスさせる方法が有効です。大抵の痛みは、2~3回の施術(通院)で大幅に緩和します。起床時に首が痛くて動かせなくなる「寝違え」など、簡単なケースでは1回の施術で痛みが解消することもあります。

神経痛の場合は、もう少し治療に時間がかかります。腰から足にかけて伸びた坐骨神経が圧迫・刺激されて起こる坐骨神経痛はその一例で、鍼治療によって滞った気と血液の流れを改善し、低下した神経の機能回復を促します。

精神的ストレスによってホルモンバランスが崩れ、痛みを引き起こしていることもあります。必要なら専門家の力も借りてストレス解消に取り組むと同時に、乱れたホルモンバランスを鍼治療によって整えます。

繰り返しますが、痛みに限らず、症状緩和と解消のカギは原因を正しく診断することです。私に電話で症状を訴え、「鍼灸治療で治せますか?」と聞いてこられる方もいますが、実際に会って舌診、脈診、触診をするまでは何とも言えません。原因によっては鍼灸、あるいは鍼灸に漢方薬を組み合わせても治療が難しく、西洋医学に頼る方が良いこともあるからです。


西洋医学的治療と鍼灸治療を併用することもできますか?

できます。実際に当院は、主治医(PCP=Primary Care Physician)から紹介を受けて通院する患者さんがたくさんいます。特に多いのは、腰痛や膝の痛みといった慢性痛のケースです。鎮痛薬や理学療法で十分な効果が得られず、鍼灸を試したいというものです。

主治医の指導の下、けがの後のリハビリテーションの一環として、カイロプラクティック、理学療法と一緒に鍼灸治療を受ける人もいます。この組み合わせは、痛みの緩和と体の機能回復に大変効果があります。

※次回は、痛み緩和と解消以外の鍼灸治療の効果について伺います。

同じ症状でも原因によって治療法は異なり、鍼を刺す場所も変わる
1002_Kokoro_Zheng_1

リン・ゼン先生
Ling Zheng, LAc

鍼灸師(LAc=Licensed Acupun-cturist)。中国福建医科大学卒業後、病院勤務や世界保健機関(WHO)医師団での活動を経て来米。全米鍼・東洋医学認定委員会(NCCAOM)認定鍼灸師(Diplomate of Acupuncture)。アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患、痛み、更年期障害、うつ、不眠症、高血圧、糖尿病、肥満、便秘の治療など。マンハッタンで1994年開業。日本人患者の治療経験が豊富。

LZ & Manhattan Acupuncture

14 E. 34th St., 5th Fl.
(bet. Madison & 5th Aves.)
TEL: 212-689-1773
http://www.lzacupuncture.com/

あわせて読みたい

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
フードホールとは、近年注目を集める、忙しいニュ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント
TOPICS 街の話題 得する情報 DCエリア