2019/01/11発行 ジャピオン1001号掲載記事

心と体のメンテナンス

予防と根本治療を目指す機能性医学(後編)

腸内環境改善で免疫向上 治療や対処法は十人十色

体質改善の流れをご説明ください。

個人差はありますが、ほとんどのケースで腸の働きを整えることから取り組みます。腸内環境が悪いと、免疫と恒常性(体内環境を一定の状態に保つ仕組み)のバランスが崩れ、さらに脳にも影響が及ぶ結果、全身で問題が起こる可能性があるからです。

高価なサプリメントを飲んでいる人もいるかもしれませんが、腸が適切に働いていなければ、サプリメントも消化・吸収されません。腸の機能が最適化されて初めて、体は必要な栄養素を取り込むことができます。健康や体の回復は、そこから始まります。


具体的に何をするのですか?

まず、腸内環境を悪化させる毒を体に入れない/体から出すことです。食品添加物や、いわゆるジャンクフードはもちろん、腸に炎症を起こす食品を食生活から排除します。

取り除くべき食品は人によって違います。そのため、問診と必要に応じて血液・尿・便・呼気・唾液などの検査を行い、それらの結果を基に個別に判断する必要があります。可能なら主治医からカルテを取り寄せてもらい、それらのデータも考慮します。

解毒と同時に、体の炎症を抑えるサプリメントを処方することもあります。お話ししたように、腸が弱っているとサプリメントを吸収できないので、飲むタイプではなく、口内の粘膜や皮膚から吸収するタイプのものを使います。

腸機能回復の兆しが見えたら、次に食事療法(栄養指導)と生活習慣改善に取り組み、必要があればサプリメントも併用して免疫機能と恒常性を整えます。その際の食事療法も、体のどこに、どのような問題があるかによって患者ごとに決めます。同じ病気や症状でも、人によって食事療法の内容が全く違うことも珍しくありません。


不妊で来院した女性のケースについて教えてください。

不妊は、よくある相談の一つです。例えば30代後半のある女性は、1年前に体外受精で妊娠したものの流産し、再治療の前に体質を改善したいと来院されました。不妊以外に治療中の病気はなかったのですが、食が細くやせ気味で、冷え性、便秘、活力低下などの自覚症状がありました。

検査の結果、鉄分不足、ストレスホルモン(ストレスに反応して分泌される)の上昇、リーキーガット症候群と呼ばれる腸粘膜の損傷、そして多くの食品に対し、食後時間がたってから症状が出る遅延型アレルギーがあることが分かりました。これらの問題は全身の炎症を引き起こし、免疫の過剰反応を誘発します。この状態が続けば、不妊どころか10年後に大病を患ってもおかしくありません。

この方にはまず、腸内環境を整え、炎症を抑えるサプリメントを処方しました。同時に、タンパク質を摂取して体重を増やす食事療法と、代謝を上げる運動を指導しました。8カ月後、女性は自然に妊娠。もうすぐ出産予定ですが、胎児は順調に育っているそうです。


慢性病にも体質改善は有効ですか?

自己免疫疾患、メタボリックシンドロームなど、慢性病患者こそ体質改善が必要です。体質改善の結果、症状が軽減、または治癒したケースはたくさんあります。

糖尿病、高血圧症、うつ病、関節炎のため、長年投薬治療を続けてきた50代女性の例をご紹介します。この女性は薬の影響もあって腸が荒れ、体内で常に炎症が起きていたので、まず炎症を抑えるためのサプリメントを処方しました。どのケースも同じですが、サプリメント使用の可否を、事前に患者の主治医に確認します。

サプリメント開始の翌日、女性は数年ぶりに夜ぐっすり眠り、起床時にはいつもの腰と股関節の痛みがなかったそうです。このような急激な改善は一時的なもので、体質改善が進むにつれ、改善のペースもゆっくり安定してきます。今後は炎症がある程度治まった時点で、食事療法による腸内環境改善に取り組む計画です。

体質改善には、最低6カ月かかります。しかし、薬による素早い症状改善ばかりを求めて原因を放置すると、長期的に症状が悪化する可能性があります。体質改善は、健康維持の要と言えるでしょう。

※次回は、リン・ゼン先生に鍼治療についてお聞きします。

すでに医師の治療を受けている人からは、カルテを提出してもらう。慢性病を複数併発し、カルテの厚みが数センチになる人もいる
1000-Kokoro_Ando

安藤晴一郎先生
Seiichiro Ando, DC, DACNB

カイロプラクター(DC=Doctor of Chiropractic)、米国カイロプラクティック神経学会認定カイロプラクター(DACNB)。パーカー・カイロプラクティック大学卒業。キャリック研究所・機能神経学課程修了。マニュアルメディスン研究会(日本)の機能神経学・機能性医学講師。カイロプラクティック、機能神経学、機能性医学、低出力レーザー治療などを組み合わせた治療を提供。

Ando Chiropractic

725 River Rd, Suite 101
Edgewater, NJ 07020
TEL: 201-496-6066
https://www.andochiro.com/home/

あわせて読みたい

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画