2018/10/12発行 ジャピオン988号掲載記事

心と体のメンテナンス

抗がん剤治療に伴う脱毛対策(後編)

脱毛後こそおしゃれを 患者の生活の質を向上

髪の毛が抜けた後の、カツラの利用について教えてください。

脱毛は、抗がん剤治療によって起きやすい副作用の一つです。外見の変化に伴う精神的苦痛は大きく、脱毛した患者の多くが、髪の毛を失うつらさや不安を抱えながら、病気と戦っています。カツラに限らず、帽子、スカーフ、つけ毛などは、こうした外見上の悩みを軽減する一助になります。

カツラには、人毛(人毛をカツラ用に特殊加工したもの)、人工毛(合成繊維)、混合毛(人毛と人工毛を混合したもの)の3種類があります。人毛はツヤや質感、耐久性に優れていますが、その分人工毛や混合毛に比べて高価です。それぞれの特徴、値段や用途を考慮し、自分に合ったものを選びましょう。

複数のカツラを使い分けている人もいます。例えば、職場では脱毛前の髪形や色調に近いカツラを使い、休日には新しい髪形や色調を試すなど、おしゃれ道具の一つとしてカツラを楽しむというものです。

カツラはオンラインショップでも購入できますが、特に高価なものを買うときは店舗で試着し、着け心地や通気性を確かめ、専門家からアドバイスをもらうといいでしょう。


カツラはどのように手入れしますか?

手入れの方法は、カツラの種類によって異なります。販売店で聞くか、取扱説明書で確認してください。

頻繁に使うカツラは、定期的なシャンプーをお勧めします。カツラ用のシャンプーやリンス、トリートメントもありますが、基本的に普段使っているヘアケア製品でも問題ありません。洗うときに大事なことは、髪の毛にもつれを作らないこと。洗面器や風呂桶(おけ)に水をはり、シャンプーを溶かしてからカツラを浸します。もみ洗いは厳禁です。流す時も、溜めた水で優しくすすぎます。

洗い終わったら、タオルで全体を包み込むようにして水気を切ります。カツラスタンドがあれば、それに固定して自然乾燥するか、熱を当てても問題ない種類のカツラであれば、ドライヤーの風を上から下方向に当てて乾かします。ブラッシングするときも、根元から毛先にかけて、髪の毛をなでるようにブラシを使います。


カツラのスタイリングはできますか?

これもカツラの種類によって違います。一般論ですが、人毛はカーラーを使ったアレンジやカラーリング(毛染め)ができますが、人工毛は熱や摩擦、毛染め剤に弱く、できることが限られます。

参考までに、脱毛後に初めて生えてくる毛は、縮れ毛などクセが強かったり、生え方もまばらだったりします。そういう時期に美容室を予約するときは、予め髪の状態を説明し、経験のある美容師を指名するといいでしょう。

周囲の目が気になる場合は、客の少ない時間帯に予約を入れるか、美容師の出張サービスを利用する方法もあります。


脱毛後に試したいスカーフの使い方は?

小さくまとめてもきれいですが、あえてスカーフの存在を強調してみましょう。大判のスカーフを使い、できるだけボリュームと高さを作るのがコツ。脱毛を隠すためではなく、ファッションの道具の一つとしてスカーフを活用するわけです。帽子やターバンの場合もそうですが、耳が隠れるように巻くことで、例えば耳の前に生えた毛など、〝あるべき髪〟がないことを隠し、見た目に自然な感じになります。

がん治療によって“〝女性らしい部分〟がはぎ取られていく中で、それをカバーしてくれるのがファッションです。周囲に褒められると嬉しいし、そのときだけは患者であることを忘れ、「普通の人」に戻ることができます。男性にとっても、これは同じことでしょう。

治療のためには、副作用も仕方ないことかもしれません。ですが、カツラやスカーフの利用によって、精神的苦痛から少しでも解放されるのであれば、生活の質も向上し、治療への意欲も高まることでしょう。

カツラや脱毛に関する情報は、米国がん協会が支援するプログラムのウェブサイトが充実しています(※)。われわれ「SHARE」日本語プログラムも、カツラや脱毛対策の情報発信に力を入れているので、参考にしてください。

※来週は産婦人科医の常盤真琴先生に、性交渉に関した悩み・問題について伺います。

「スカーフを巻くのは苦手」「治療の副作用で腕が上がりにくい」という人のためにキャッツさんが考案した帽子の試作品。かぶるだけでスカーフを巻いたようなおしゃれを楽しめる
(※)カツラや脱毛に関する情報: www.tlcdirect.org, http://lookgoodfeelbetter.org(米国がん協会支援のプログラム)
97_Kokoro-SHARE_2

SHARE日本語プログラム

アメリカの乳がん・卵巣がん患者支援団体(1978年設立)。2013年日本語プログラム(ブロディー愛子代表)発足。(左から日本語プログラム・ボランティアの)ファッション工科大学経済学准教授・経済学博士・帽子デザイナーのキャッツ洋子さん、美容室「サロン・ウエイブ」美容師のハーティーしのさん、メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター博士研究員の田中広祐(こうすけ)医師(日本がん薬物療法専門医)。

SHARE日本語プログラム

http://sharejp.org(日本語)

TEL
347-220-1110
WEB
https://www.sharecancersupport.org/
MAP
165 W. 46th St., #712 (bet. 6th Ave. & Broadway)

あわせて読みたい

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

特集
イースター(復活祭)は、キリスト教の行事として...

   
Back Issue 2019
Back Issue 2018
利用規約に同意します