2018/07/13発行 ジャピオン975号掲載記事

心と体のメンテナンス

安心の在宅医療・介護サービス(後編)

生活の質を重視のホスピス 患者と介護者の心身をケア

ホスピスについて教えてください。

 「治療の効果がこれ以上期待できない」「治療が逆効果となって衰弱を招く」 などのさまざまな理由により、根治不可能で余命6カ月と医師に診断された場合、ホスピスという選択肢があります。ホスピスとは、末期の病気・けがなどに起因する心身の苦痛や不快症状を効果的に和らげながら、患者とその家族の生活の質(QOL)を高めることを目的とした医療です。

 よく誤解されるのですが、ホスピスという選択は、「生きることをあきらめること」でもなければ、「ホスピスという名の死に場所を選ぶこと」でもありません。むしろその逆で、大切な人生の終末を「心穏やかに自分らしく生きるための選択」であり、ホスピスは、そのサポートに焦点を置いた「医療哲学」ともいえます。

ホームホスピスとは何ですか?

患者が一番安心でき、家族や近親者と最も親密に過ごせる自宅で提供されるホスピスです。疼痛緩和専門医を中心に、看護師、理学療法士、介護士、ソーシャルワーカー、スピリチュアルカウンセラーなどの多職種ケア専門家がチームを組み、医療、介護、精神、社会など、多方面から支援を提供します。サービスには、患者の家族・近親者へのきめ細やかな支援も含みます。

 ホスピスの基本は在宅サービスです。在宅医療では管理できない緊急治療が必要になった場合は、病院のホスピス病棟に入院することもありますが、多くは短期入院です。

 病状や介護者不在などの理由で自宅療養が不可能な患者は、長期入居型ホスピスの対象となることもありますが、一部の例外を除き、保険適用は低所得者・障害者向け公的医療保険制度「メディケイド」の受給者に限られます。

 受け入れ施設によって制約も加わるため、入居型ホスピスを利用する患者は少数です。

どんな支援を受けられますか?

主なサービスは、▽痛み・呼吸苦などの身体的症状、不安・うつなどの精神的症状の管理と緩和▽リハビリテーション▽スピリチュアルカウンセリング▽人間関係・仕事のことなど、気に病んでいる未解決の問題の相談▽入浴・食事・歩行の介助▽家事手伝い▽遺族へのグリーフケア(死別の悲しみを癒やすケア)、などです。

 保険適用の有無、適用の場合の条件や制約(サービスの期間・内容・訪問回数など)は、患者が加入する健康保険のプランによって違います。

 参考までに、ホスピスとよく混同される「緩和ケア(palliative care)」と呼ばれる医療もあります。「痛みを取り除き、患者と家族のQOLを高める」という目的はホスピスと同じですが、「緩和ケア」は患者の余命に関係なく、病気を治すための根治治療と並行し、必要に応じてどの患者にも提供されます。

ホスピスに移行した場合、根治治療は継続できますか?

それはできません。根治治療または延命治療は、ホスピスのコンセプトと相反するからです。保険は、ホスピス、もしくは根治・延命治療のどちらか一方にしか適用されません。
 根治治療を終了しホスピスへ移行することは、多くの患者にとって、複雑な感情や悲しみ、迷い、不安が湧き起こる繊細なプロセスです。治療に希望を見出していた患者にとっては、希望の光が消えてしまうように感じられるかもしれません。この移行には、医療チーム、患者、家族、近親者、医療代理人などを交えた話し合いと同意が不可欠で、最終決定を下すのは自己決定の権利を持つ患者本人です。
 ただし、ホスピスはいつでも中止でき、根治治療に戻ることも可能です。現実にごく少数ながらも、ホスピスによって体力を回復し、根治治療を再開した患者や、新薬や研究中の治療を試した患者、元気になってホスピスを「卒業」した患者もいます。
 ただ実際は、治療に通うストレスや副作用で体力を消耗するよりも、自宅で愛する家族・近親者と共に過ごすホスピスの方に、安堵や新たな希望を見出す患者が多いと感じます。家族・近親者にとっても、患者と過ごす密度の濃い時間が、今後の生きる力になるかもしれません。

※来週は、北本匠先生にコレステロールについてお聞きします。

Akiko-Miyake

三宅亜紀子さん
Akiko Miyake, LCSW, OSW-C

ニューヨーク州認定臨床ソーシャルワーカー(LCSW)、オンコロジー協会認定オンコロジー・ソーシャルワーカー(OSW-C)。ニューヨーク大学(NYU)大学院ソーシャルワーク修士課程卒業後、非営利団体キャンサーケア(CancerCare)、ベスイスラエル総合がんセンター勤務など。現在NYUランゴン・ヘルス傘下の総合がんセンターに勤務し、患者向けのカウンセリングや各種サポート、サービスに従事。

NYU Langone Health Laura and Isaac Perlmutter Cancer Center

160 E. 34th St.
(bet. 3rd & Lexington Aves.)

MAP
160 E. 34th St.,(bet. 3rd & Lexington Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント