2018/07/06発行 ジャピオン974号掲載記事

心と体のメンテナンス

安心の在宅医療・介護サービス(前編)

自宅で受ける医療と介護 心身の回復と自立を支援

在宅医療・介護サービスについて教えてください。

 心身の病気やけがのために通院が難しい人を対象に、看護師、理学療法士、ソーシャルワーカー、介護士など、医療・介護の専門家が患者の自宅を訪問し、医師の指導の下、患者の回復と自立生活に必要な支援を提供するサービスです。

 アメリカは日本に比べ、一般的に入院期間が短く、手術や大けがの後も数日で退院させられることはよくあります。在宅医療・介護サービスは、このように退院直後の人や、けが・病気が原因で生活に支障を来している人に多く利用されています。

 参考までに、ニューヨーク州は州認定の在宅医療・介護事業者によるサービスを「ホームケアサービス(Home Care Services)」と呼んでいます。

どんな支援を受けられますか?

主なサービスは、▽創傷ケア(けがや術後の傷の消毒や手当て)▽疼痛管理▽医療機器の使い方や手入れの指導▽症状や状態のモニタリング▽服薬指導▽理学療法士・作業療法士によるリハビリテーション▽入浴・食事・歩行の介助、などです。

 服用する薬が多ければ、それだけ飲み間違いや、飲み忘れも起きやすくなります。1週間毎日、朝・昼・晩に服用する薬を1回分ごとに分けるなど、簡単なようで療養中の患者には難しいことも、「在宅医療・介護チーム」は指導や介助をしてくれます。自宅での転倒防止用の手すり、シャワー用椅子、歩行補助器具などに関する相談もできます。

 このように、上手に使えば非常に心強い在宅医療・介護サービスですが、一般に保険で利用できる期間は非常に短く、それを超える場合は自己負担となります。そうなれば高額のため、誰もが簡単に利用できるわけではありません。

 保険適用の有無、また適用の場合の条件や制約(サービスの期間・内容・訪問回数など)は、患者が加入する健康保険のプランによって違います。保険適用を受けるには、患者が第三者の介助なく、一人では外出できないことが基本条件です。さらに、在宅サービスが医療的に必要であることを示す、患者の医師による指示書が必要です。患者がサービスを希望しても、医師が不要と判断する場合もあれば、保険会社が適用を拒否することもあります。

介護士は、家事も手伝ってくれますか?

ニューヨーク州は、「ホームヘルスエイド(Home Health Aide)」と、「パーソナルケアエイド(Personal Care Aide)」という2種類の介護士を認定しています。それぞれ役割が違うので、混同しないよう注意してください。

 ホームヘルスエイドは、特別な訓練を受けた、医療アシスタント的な役割をする介護士です。身体的介助、服薬介助、歩行介助などが主な仕事です。

 料理、掃除、洗濯などの家事の支援は、パーソナルケアエイドの担当です。通院への同行、買い物など、自宅以外での支援もしてくれます。ホームヘルスエイドは利用が短期に限られますが、パーソナルケアエイドは長期的利用が可能です。ただし、保険が適用されるのは、低所得者・身体障害者向け公的医療保険「メディケイド」の受給者に限られます。

サービスを上手に利用するヒントとは?

他人が家に入ることを嫌がる人は少なくありません。特に日本人は、家が片付いていないことを恥に感じ、サービスを断ったり、看護師や介護士の訪問前に掃除したりする人も多いようです。気持ちは分かりますが、心身がつらいときは回復を最優先し、積極的に助けを求め、サービスを最大限利用するという「割り切り」や「思考の転換」も、たまには大切です。

 介護に疲労している家族や近親者にとっては、介護士訪問中の数時間は、自分のために使える貴重な休息の時間ともなるでしょう。

 「介護士が何もしてくれない」という苦情もよく聞きます。そういう場合は、介護士は「何をして、何をしないのか」、彼らの仕事の内容をまず理解し、その範囲でやってもらいたいことを計画し、具体的に希望を伝えましょう。

 在宅サービスについて知りたいときは、看護師またはソーシャルワーカーに相談してください。

※来週は、ホームホスピスケアについてです。

三宅さんが勤務するNYU傘下の総合がんセンターでは、医療チームの依頼を受けたソーシャルワーカーが患者のために在宅医療・介護サービス事業者を選択し、サービス利用のための手続きを行っている
Akiko-Miyake

三宅亜紀子さん
Akiko Miyake, LCSW, OSW-C

ニューヨーク州認定臨床ソーシャルワーカー(LCSW)、オンコロジー協会認定オンコロジー・ソーシャルワーカー(OSW-C)。ニューヨーク大学(NYU)大学院ソーシャルワーク修士課程卒業後、非営利団体キャンサーケア(CancerCare)、ベスイスラエル総合がんセンター勤務など。現在NYUランゴン・ヘルス傘下の総合がんセンターに勤務し、患者向けのカウンセリングや各種サポート、サービスに従事。

NYU Langone Health Laura and Isaac Perlmutter Cancer Center

160 E. 34th St.
(bet. 3rd & Lexington Aves.)

MAP
160 E. 34th St.,(bet. 3rd & Lexington Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント