2018/01/01発行 ジャピオン948号掲載記事

心と体のメンテナンス

月経異常と婦人科の病気(前編)

誰にでも起こる月経異常 精神的ストレスの影響大

「月経異常」とはどういう状態ですか?

 一言で月経(生理)異常といっても、月経が不定期だったり、出血量(経血量)が異常に多かったりと、さまざまな種類があります。月経異常は年齢に関係なく誰にでも起こる可能性があり、女性のほとんどが何らかの悩みを抱えているといわれます。

「稀発(きはつ)月経」「頻発月経」とは何ですか?

 月経の初日から次の月経の前日までの期間を「月経周期」といいます。個人差がありますが、一般的な周期は25~38日間です。稀発月経とは、妊娠でもないのに前の生理の初日から39日以上次の生理がこない状態。対照的に頻発月経は、24日以内という短い周期の生理が3回以上続いた状態をいいます。

 稀発月経の場合、1、2カ月様子をみて、遅れが繰り返すようなら、原因を調べる必要があります。90日以上月経の間隔があいた場合は、卵巣の働きが不十分と考えられるため治療が必要です。そのまま放置すれば「卵巣機能不全」や、月経が起こらない「無月経」に陥る危険もあります。参考までに、ある年齢になっても初経が始まらない場合も「無月経」といいます。

 月経の周期は正常でも、日数に異常がある場合もあります。正常な月経は3~7日間とされていますが、2日以内に完全に終わる状態を「過短月経」、8日以上続く状態を「過長月経」といいます。

「過多月経」「過少月経」とは?

 過多月経とは、経血量が異常に多い状態です。目安として、生理用ナプキンを2枚重ねて使う日が3日以上続く、30分おきなど、頻繁にナプキンを換えないと下着を汚してしまう、経血にレバー状のかたまりが混じる、などの症状がある場合、過多月経と診断されます。

 反対に、経血量が極端に少なく、ナプキン表面に血が少しつく程度で終わる場合を過少月経といいます。

月経異常と精神的ストレスの関係は?

 月経異常の半数以上は、精神的ストレスによるホルモンバランスの乱れが原因といわれています。

 月経は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンの働きによってコントロールされています。これらのホルモンは卵巣から分泌されますが、その分泌を司っているのが脳の視床下部と下垂体と呼ばれる器官です。

 これらの器官はストレスや情動に影響を受けやすく、例えば人間関係の悩み、死別などの悲しい出来事、災害などによって強いストレスを受けると、たちまちホルモン分泌が乱れてしまいます。無理なダイエットや、運動のし過ぎが影響することもあります。

 精神的ストレスが原因の場合、検査しても体に異常は見つかりません。そのため、月経異常の診察では、生活や精神状態に大きな変化がなかったかなどを丁寧に聞いていきます。

精神的ストレス以外にはどんな原因が?

 いろいろありますが、主に以下の4つに分類されます。

▽妊娠=妊娠すると生理は止まるのが普通ですが、人によっては妊娠の自覚がないか、妊娠に何らかの問題があり異常出血などの症状が出ることがあります。

▽感染症=代表例は性病。無症状の場合もありますが、経血量の増加、おりものの異常、不正出血などの症状が現れます。

▽婦人科の病気=子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、多嚢胞性卵胞症候群、がん、ポリープなど。多嚢胞性卵胞症候群とは、卵巣内に卵胞が詰まり、排卵がうまくできなくなる病気。

▽婦人科以外の内科的病気=甲状腺や肝臓、血液の病気など。

 その他、薬の副作用やハーブの影響で月経が乱れることもあります。

 症状によってさまざまな検査を行い、月経異常の原因を探ります。子宮頸がんの細胞診検査(パップテスト)と、卵巣や子宮の状態を調べる超音波検査は、ほぼ例外なく行います。妊娠や性病の検査、ホルモンを調べる血液検査が必要なこともあります。

 月経異常は、日常生活に支障を来すだけでなく、場合によっては妊娠や出産に影響しますし、深刻な病気が隠れている可能性もあります。異常に気付いたら、早めの受診を心掛けてください。

※来週は、月経異常や月経前症候群(PMS)、子宮筋腫の治療についてです。


 

月経(生理)は、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンの働きでコントロールされている。月経異常の多くは、これらホルモンのバランスが乱れることで起きると考えられる
HEALTH

小柳乃里子先生
Noriko Koyanagi, NP-C

ナース・プラクティショナー(Nurse Practitioner, Certified=医師と同様に診察や薬剤処方、治療をする資格を持つ看護職)。ウエストバージニア・ウエズリアン大学看護学部卒業後、ワイドナー大学大学院ファミリーNPプログラムを修了。子供から大人を対象に、一般内科、家庭医学科、婦人科を中心に診療。人間ドック、婦人科検診、児童・生徒の健康診断など。

日本診療所

TEL
212-213-3100
WEB
http://www.nipponshinryojo.com
MAP
130 E. 40th St., Suite 1200 (bet. 3rd & Lexington Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント