2017/11/10発行 ジャピオン941号掲載記事

心と体のメンテナンス

カイロプラクティックの減圧療法(後編)

問題部位をピンポイント治療 引っ張る力、角度など精密に

減圧療法は、どのように行われますか?

 まずは患者の症状が、減圧療法に適しているかどうかの診断から始まります。減圧療法は、椎間板の損傷やずれが関連した背骨・首のさまざまな症状(椎間板ヘルニアなど)に有効な治療法です。関節を引っ張ることで椎間板への圧力を軽減し、関節がポンプの役割を果たすことで、関節液や血液を患部に行き渡らせ、栄養を供給して治癒を促します。この治療に適していると私が診断した患者には、手術以外の選択肢として説明し、患者の合意のもとに治療を開始します。

 例えば椎間板ヘルニアの場合、ヘルニアの場所と状態をMRI(核磁気共鳴画像法)や整形外科的検査などで正確に把握し、どの椎間板をターゲットに、どの程度の力でどんな角度で背骨を引っ張るのか、所要時間などの細かい設定をカイロプラクターである私が決定します。施術は、当クリニックにいる減圧療法の訓練を受けたスタッフが行うことも可能です。

 通常、初回の施術時間は6~8分で、二回目以降、改善とともに10~12分。定期的に(週2、3回~)行うことで徐々に効果が表れます。症状や年齢、初めての症状が慢性かなど、さまざまな条件によって異なりますが、定間隔で少なくとも6回、平均12~30回の通院で顕著な効果が表れます。

減圧療法の治療費、保険適用は?

 この治療は医療保険の対象外です。当院では、1回50ドルで提供しています。仮に20回続けるとして、単純計算で1000ドルですが、ヘルニアの外科手術を数万ドルで受けることを考えると、体にも負担がかからず、経済的と言えます。当院で行う問診と検査は無料です。

治療は痛くありませんか?

 痛くありません。それどころか、背骨を適切な力と角度で引っ張り、椎間板と関節を圧迫から解放するので、皆さん「気持ちいい」と言われます。治療中は、台に腰周りを固定しますが、縛り付けられる感覚はありません。

 約20年前に減圧療法が始まったころに比べ、今は技術も専用機器・治療台も随分改良され、今回当院が導入したのは、これまで以上に細かい設定が可能になった最新型です。患者がより快適に治療が受けられるよう改善されています。また、実はこれまでの減圧療法の技術では、首の治療は難しかったのですが、それを可能にしたのがこの最新型の治療台です。

これまでの治療実績は?

 当院では、今年初めから減圧療法を導入しています。これまで椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症(脊椎内の神経を囲む管が圧迫される整形外科疾患)の患者約30人をこの方法で治療し、治療を中断した1例を除いて、全員症状を改善させることに成功しました。

 過去20年間、減圧療法の治療実績をモニターし、カイロプラクティック学会に参加するたびに意見を聞き、やっと「効果がある」と判断し、今年からの導入に踏み切りました。全ての腰痛や首痛に効果があるものではないので、当院ではまだ30例ですが、その成功率の高さには大変満足しています。

減圧療法が適さないのは?

 妊婦、骨の病気がある人、手術直後の人などです。減圧療法は、俗にいうぎっくり腰など、筋肉のけいれんや腫れによる腰の痛みには効果がありません。「フュージョン治療」といって、手術で関節を固定している患者の場合も、減圧療法を適用できる範囲には制限があります。

年齢や急性か慢性かで、減圧療法の効果も異なりますか?

 体に痛みがある場合、早いうちに根本的な原因を突き止めて治療することが、慢性化を防ぐことは明白です。20年、30年と腰痛に悩まされ、その度に抗炎症剤や鎮痛剤で応急処置してきた50代の患者と、初めて腰の痛みを感じた20代の患者の場合、後者の方が治療効果も早く表れます。当院で治療した患者は30〜50代ですが、わずか5回の治療で効果が表れた人もいました。

 患者によって症状も状況もさまざまですが、いずれの場合も治療を成功させる鍵は、患者とカイロプラクターがお互いに状況を理解・納得し、真摯に治療に取り組むことです。

※来週からは関久美子さんに、ニューヨーク州医療保険について伺います。


 

減圧療法は、椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症のほか、首のヘルニア、手首(手根管症候群など)、膝関節の炎症、出産後の骨盤矯正にも効果がある(写真は編集部モデル)
HEALTH_940_1

石谷三佳先生
Mika Ishitani, DC

カイロプラクター(Doctor of Chiropractic)。パーマー・カイロプラクティック大学院卒業。ハーバード大学医学部専門課程修了。子供から大人の痛みやけが、事故の後遺症の治療、健康増進、妊婦の産前・産後ケア、乳幼児ケアなど。ニュージャージー州バーゲン群の地元誌「(201)マガジン」から2015・2017年の「トップ・カイロプラクター」に選出された。認定MFDT(MyoFascial Disruption Technique)カイロプラクター。

石谷ヘルスセンター

TEL
201-302-9993
WEB
http://www.ishitaniclinic.com
MAP
1600 Parker Ave. Fort Lee, NJ 07024

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント